タグ別アーカイブ: 上質なガラスコーティング

DSC_0758

出来れば年に一度は忘れずにメンテナンス!

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

2月最後の週末となりました。

今回の記事は

MINI Cooper

定期メンテナンスでご入庫です。

初期施工は2年前。つまりは2度目のメンテナンスです。

DSC_0744

DSC_0746

日頃お使いですから、やはり汚れています。

メンテナンスとは・・・

大がかりなクリーニングだと思ってください。日頃の洗車では行き届かない部分を一斉に洗浄クリーニングを行い、ガラスコーティングのダメージが出ている部分を補修し、ガラスコーティング被膜の上の汚れやイオンデポジット(水垢)を除去!

DSC_0754

DSC_0756

DSC_0758

1年に1度。メンテナンスという大掃除なんです。

DSC_0762

ガレージ内でコーティング面のクリーニングとダメージ補修です。

ガラスコーティング施工すると確かに、日ごろのお手入れは楽ちんです!汚れにくいし、汚れも簡単に落ちやすいです。

しかし、汚れないわけではありまんよ。

汚れ始めたら、余計に汚れやすくなります。

ですから、ガラスコーティング表面のクリーニングを行うわけです。

DSC_0770

DSC_0772

DSC_0774

はいピカピカです!

このメンテナンスは、1日で作業可能です。つまり朝出して夕方バッチリ!ってやつです。

ガラスコーティングを施工した直後のようになりました。

これで気持ちよく乗っていただけますね。

また、来年お待ちしてますよ~

カービューティープロ・EBA

0942-45-6558

コーティングに関する様々なご相談にのりますよ。   お気軽にご連絡くださいね。

 

 

 

DSC_0901

新車・カーコーティング ホンダ・CR-V

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

佐賀県鳥栖市のKさまにご入庫いただいた

ホンダ・CR-V

新車のお車にガラスコーティングのご依頼です。(このブログをご覧になってのご来店です。)

DSC_0805

洗車(細部の洗浄も)を済ませ、マスキングテープを施しています。磨きを行うための準備です。

ポリッシャー(機械)を使用して磨きますので、エンブレム、パッキン、バイザー、モール、ガラス・・・磨きを行わない部分をガードする目的なんです。

DSC_0817

DSC_0815

そのお車の塗装状態に合わせて磨きを行います。

考え方は簡単で、コーティング施工前にはすべてのお車の塗装状態はイコールコンディションが望ましいです。

つまり、状態が良いものは軽度の磨きで済みますが、経年車などはそれなりに時間と工程を増やして磨く必要があります。

このお車は幸い状態が良好でした。 磨きに費やした時間が4時間弱で済みました。

研磨終了後は脱脂を行い、コーティング施工準備を行います。

DSC_0901

「PX-V200」

セレクトシリーズの中でも最も撥水力があるタイプです。

A液とB液を混ぜ合わせて使用します。、混ぜ合わせた後は2時間以内に使用します。(固まってしまうんです・・・)

DSC_0905

満遍なく丁寧に塗布。

塗布後に揮発性溶剤が抜けて、固まり始めたら拭き上げを行います。

DSC_0913

拭き上げを終えた状態です。(パール塗装なので、若干暗く映っておりますが・・・) うつくしいです!

この後は、24時間以上ガレージ保管を行います。 何もしません! 何もせずにじーっと待ちます。

塗装の上にあるコーティング膜が時間とともにガラス被膜へ転化する為の時間です。

DSC_0941

施工後26時間。撥水状態も問題なしです。

DSC_0946

DSC_0942

ガラスコーティングのメリットについてお話します。

従来ありましたポリーマーとか様々なコーティングがありましたが・・・・残念ながら、施工から時間が経ってしまうとコーティング膜が劣化して汚れた膜に変わってしまっておりました。

しかし、ガラスコーティングは無機物膜。つまり劣化しないのです。ですから、ガラスコーティング膜自体は大げさに言えば半永久的な膜なんです。

そこで、問題なのは・・・従来のコーティングに比べて汚れ方などは大変少ないです。しかし汚れないわけではありまん。

ですから、定期的な洗車と1年に1度ぐらいでメンテナンスを行うことがガラスコーティングにとってとても大事なんです。

当店としてはガラスコーティングを施工して終わりではなく、ガラスコーティングを施工させていただいてからがお付き合いの始まりだと考えております。

「洗車券」を無償で10枚皆様にお付けしております。我々自身が作品として磨き、コーティングを施工さえせて頂いたお車ですから、大事に乗っていただきたいですし、いつまでも綺麗に乗っていただきたい願いを込めて・・・

本気でガラスコーティングに取り組んでおります。

 

カービューティープロ・EBA

0942-45-6558

どんなことでもご巣団下さいね。

 

 

DSC_0190

600台限定 GOLF・TCR ガラスコーティング

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

間もなく2月も終わりですね。この冬は暖かいとしても、本格な春が待ち遠しいですね!

今回の記事は フォルクスワーゲン久留米さまにご入庫いただいた

フォルクスワーゲン GOLF  TCR

600台限定で発売された1台です。なんと290ps。純正でチタンエキゾーストを装備した最高の1台です。

DSC_0128

ボディーはピュアグレーにブラックルーフ。ドアミラーとアルミホイールはマットブラック。なかなかスパルタンなお車ですね。

入庫すぐに洗車を行い、細部の洗浄を行います。

DSC_0149

DSC_0150

ガレージ内では、洗車後のお車にマスキングテープを施し磨きを行います。

例え新車であっても、磨きを行った部分から本来の艶々ボディーになっていくわけです。

ご存じないでしょうが・・・・新車といえども塗装は綺麗とは限りませんよ。製造後。輸送したりかなりの日にちが経過しております。勿論、雨に当たることも鉄粉が付着することも、黄砂に吹かれたり花粉をかぶったり・・・・

ですから、キチンと磨きを行い最善の状態でガラスコーティングを行う必要があるわけです。

DSC_0190

今回のコーティング剤。

「PX-V250」

セレクトシリーズの中で中間タイプ。低撥水ながら水切れに優れ防汚性能を誇ります。

このように、2液性の溶剤を混ぜ合わせて使用します。1台分使い切りです!

DSC_0195

専用の塗布用スポンジで塗布を行います。

この時にした塗布がとっても大事なんです。この時に塗布したコーティング剤がガラス膜に変わり、数年間お車を守ってくれるわけですからね。

DSC_0205

コーティング剤の中には揮発性溶剤が入ってました、塗布後に揮発して乾燥し始めます。その絶妙なタイミングで拭き上げを行います。

このボンネットの右半分は拭き上げを行った状態ですよ

DSC_0224

お車の下部は寝板に寝ころびながら、ライトアップして拭き上げを行い、拭き残しがないように細心の注意をしております。

拭き上げ後はガレージ内で24時間以上放置します。コーティング膜が空気に触れることでガラス被膜へ転化するんです。完全効果にはまだ数日以上かかりますが、表面の硬化時間には十分です。

実はガラスコーティングって施工後24時間が最もデリケートなんです。ですから、濡らすことも触ることも・・・納車なんて出来るはずが出来ません。

出して1日で帰ってくるガラスコーティングは気を付けてくださいね!

DSC_0237

DSC_0333

納車の日も晴天に恵まれ、美しい車ってやっぱり最高ですよ!

今後は水洗いの洗車だけでガラスコーティングの膜がお車を数年間守り続けてくれますよ!

フォルクスワーゲン久留米さま、ありがとうございました。

詳しい情報

フォルクスワーゲン久留米 → コチラ

今回使用したコーティング → コチラ

当店は厳選された高級ガラスコーティングを施工している専門店です。細部の仕上げ方も勿論ですが、ガラスコーティング施工後の満足感に自信があります。

ガラスコーティングに迷ったら、是非、ご連絡くださいね!

カービューティープロ・エバ

0942-45-6558

 

DSC_0183

続)最高級ガラスコーティング(EVO-1) ロングテスト パート4

第4回のレポートです。

昨年10月に施工しました当店のデモカー(アウディQ7)。

最高級ガラスコーティングを施工し、状態やその他の感想をお伝えする企画です。

DSC_0169

施工以来7回目ぐらいの洗車を行いました。

DSC_0164

前回の洗車から3週間以上経過。

やはりホイールは汚れています。

DSC_0165

アルミホイール専用クリーナーでホイールの内側まで洗います。

DSC_0168

ボディーにコーティングを施工した際に、アルミホイールも撥水コーティングをやっておりました。  見事な撥水でしょ!

ドイツ車の場合は特にブレーキダストが多く、大変汚れやすく、洗うのが大変なんです。

尚且つ、ブレーキダストの中の鉄粉がホイールに刺さり、ホイール自体の艶を低下させたり、落ちない固着した汚れの原因になります。

それを防いでくれて、美しさをキープしてくれえるアルミホイールのコーティングなんです!

DSC_0162

コーティング施工したお車への専用シャンプーです。

泡立ちに優れ、コーティングに何のダメージを残さない優れたシャンプーです。お勧めですよ!

DSC_0176

洗車の極意!

沢山の水と沢山の泡で洗う事です。  泡はボディーとスポンジの摩擦を極力減らし、洗車時の傷つきを防げます。

DSC_0171

シャワーで流すとスーッと流れていきます。

DSC_0177

DSC_0183

施工後約5か月の撥水です。(水滴をボディーに留めるのが大変なんです。なんせすぐに流れ落ちてしまうので・・・・)

 

今回の洗車をしての感想。

この3週間の間に何度も洗車をしようと思いました。それは汚れていたからです。しかし、雨に当たると洗車の必要を感じないぐらい綺麗になるんです。 結論としてこのガラスコーティングは汚れが極端に少ないです。 というより、雨に当たるだけで汚れもろとも洗い流してくれる。尚且つ水滴が乾いたような後もほとんどついてません。 とにかく歴代最高なガラスコーティングです。太鼓判ですよ!

DSC_0185

今後も引き続きレポートしていきますね。

カービューティープロ・エバ

0942-45-6558

初回のレポート コチラ

2回目のレポート コチラ

3回目のレポート コチラ

 

 

 

DSC_0232

新型 アウディ A1 ガラスコーティング&カーフィルム施工

こんにちは。 久留米市のカービューティープロ・エバです。

今回の記事は

アウディ 新型 A1

黄色いボディーにブラックのルーフ。かなりかっこいいですね!

今回のご依頼は新車のボディーにガラスコーティング施工。 そしてフィルム施工です。

まずはフィルム施工。

DSC_0133

施工前の写真です。

今回はリアの3面にスモークフィルムを施工しました。

DSC_0145

DSC_0159

DSC_0187

DSC_0195

透過率が20%の「パンサー20」を施工させていただきました。

DSC_0208

フィルム施工前と比べると、室内の様子が見えなくなりましたね。 プライバシー確保にはちょうどいい濃さなんです。

紫外線も遮断してくれるので、後部座席に乗っていただく大事な方の為にもありがたいし、大事なものの色あせから防いでくれますよ。

個人的か感想ですが・・・どんなお車もリアのガラスを黒くすると高級感が増すように思います。

最近話題の「あおり運転」についても抑止力になると思いますよ。

DSC_0229

DSC_0230

DSC_0232

コーティング施工前の磨きです。

ボディーだけでなく、ピラー部分のぴあのぶらっくのぴあのぶらっくの部分もきっちり磨いております。

塗装部分よりもピラー部分のほうが傷が目立ちやすく、塗装よりも柔らかいので慎重に磨きを行っております。

DSC_0256

「セレクトシリーズ」の中から「PX-V250」

低撥水タイプですが、水切れに優れ、防汚性を誇ります。

2つの液を混ぜ合わせ、塗面に塗布します。

ガラスコーティングのベーシックタイプのコーティング剤といってもいいでしょう。

拭き上げを行い、24時間以上ガレージ保管を行います。 施工されたコーティング膜は空気に触れることで自然にガラス被膜へ転化し、強固な膜を形成します。

DSC_0258

DSC_0259

雨も上がり、納車にジャストタイミングです。 今後は水洗いの洗車だけでお手入れも簡単です。

1年に1度ぐらいの割でメンテナンスを行えばいつまでも綺麗な状態を数年かキープ出来ます。

アウディ久留米さま、ありがとうございました。

今回使用したフィルムの詳しい情報は コチラ

今回使用したコーティングの詳しい情報は コチラ

ガラスコーティングに迷ったら、お気軽にご連絡くださいね。 専門店ならではの極上の仕上がりってあるんですよ! せっかくコーティングするんだったら満足出来る仕上がりを!

カービューティープロ・EBA

0942-45-6558

 

 

 

最高級ガラスコーティング施工 AMG G63(新車)

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

昨日はスタッフみんなでゴルフをやってきました💦 思うようにできなかったことを朝から話、楽しい時間を共有できました。

今回の記事は

メルセデス・ベンツ G63  AMG

ディーラーさんから納車され、その足でご入庫いただきました。

DSC_0585

DSC_0586

DSC_0587

DSC_0584

DSC_0589

洗車終了後にマスキングを施し、磨きの準備が整いました。

一見綺麗に見える新車でも、磨くことによって本来の艶や光沢を取り戻します。

当然、塗装のボケやスクラッチ傷も完全に除去します。

DSC_0600

DSC_0611

DSC_0618

Gクラス(ゲレンデバーゲン)は、ボディーに凹凸も多く磨くには時間を要します。それとともに大変気を使います。慎重に丁寧に磨きを進めていかなければなりません。

今回の磨きに要した時間は約9時間。

DSC_0620

磨きが終了したお車は、コンパウンドを洗い流すとともに脱脂洗車を行います。

コンパウンド自体はノンシリコンのものを使用しておりますが、完全に脱脂を行うことでコーティング剤のノリを最大の状態を作ります。

DSC_0628

さぁ、コーティングを行います。

今回は当店がご用意しております中で最上級モデルである

「EVO-1」

昨年デビューした商品ですが、絶好調です。

お客様からの人気もさることながら、仕上がりやコーティングの能力も最高なんです。

これまで様々なガラスコーティングを施工してきましたが、最高です!

詳しくは コチラ をご覧ください

ただ施工する立場で言うと・・・かなり大変なコーティングなんです。

今までと比較をすると、1台の車に2回コーティングをするという事なんです。

「ベースコート」「トップコート」

2倍の時間がかかるのです。

DSC_0631

DSC_0635

DSC_0636

「ベースコート」を塗布して拭き上げ。 直後に「トップコート」を塗布して拭き上げ

通常は、普通車で2~3時間を有するコーティングですが

2倍の時間を有する作業なんですよ。  その分、仕上がりは最高ですけどね!

2回のコーティングが終了したら、ガレージ内で24時間以上寝かせこみを行い納車準備にかかります。

DSC_0675

これが「EVO-1」の撥水です。

撥水能力にも大変優れていて、深い艶を有し、尚且つ持続能力が半端ないです!

DSC_0662

4泊5日の施工が完了です。

納車の日が残念ながら曇り空で、美しい写真とはなりませんでしたが、艶やかさは素晴らしいです。

カーコーティング専門店

カービューティープロ・EBA

0942-45-6558

高級ガラスコーティングのご用命は是非!

お見積もりやご質問もお気軽にどうぞ!

 

 

DSC_0414

アルテオン ガラスコーティング施工

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

明日より冷え込むといわれていますね。体調管理にお気を付けくださいね。

今回の記事は

フォルクスワーゲン・アルテオン

新車のボディーにガラスコーティング施工依頼です。

ご入庫はフォルクスワーゲン久留米さまより

DSC_0406

DSC_0414

DSC_0416

まずは洗車を含む前処理。

何の前処理かというと・・・磨きを行う前の準備なんです。

アルミホイールはスポーク1本1本は勿論、ホイールの内側までクリーニングを行い、ドアパネルは開閉できる部分はすべてかけた状態でのクリーニングを行います。

DSC_0419

DSC_0420

こういう濃色車は、磨きも気合が入ります。

ライトアップされたボディーはスクラッチ傷がハッキリわかるので、磨きで完全に消し去るわけです。

DSC_0421

磨きが終われば、コーティングです。

この福岡でカーコーティングを初めて四半世紀。

様々なコーティング剤に触れてきましたが・・・

「ポリマー」「フッ素コーティング」・・・

ガラスコーティングと進化してきましたが、ガラスコーティングの良さが際立ちます。

過去にやってきたコーティングを悪くは言いたくないですが・・・

DSC_0427

納車最終段階です。

内窓の清掃や、室内清掃を済ませ、タイヤの艶出し・・・

DSC_0428

DSC_0429

艶やかなアルテオンの完成です!

フォルクスワーゲン久留米様、ありがとうございました。

 

当店では様々なガラスコーティングを取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。

専門店ならではの仕上がりがここにはありますよ。

カーコーティングするなら、カービューティープロ・エバへ

福岡県久留米市山川追分1-3-11

カービューティープロ・EBA

0942-45-6558

メールはコチラ

ちなみに今回のコーティング剤はコチラ

DSC_0203

新車以上の深い艶。 アウディQ5高級ガラスコーティング施工

こんにちは。 久留米市のカービューティープロ・エバです。

晴れたり雨が降ったり忙しい一日ですね。関東では雪が降ったとか・・・この冬は雪が降りませんね。。。

今回の記事は

アウディ Q5

高級ガラスコーティング施工のご依頼です。

DSC_0174

ボディーだけでなくガラスにも若干水垢があったので、軽く磨きました。

ボディーに関しては、1工程の磨きですごく美しくなりました! 高級ガラスコーティングを施すうえで、最も大事なのは磨きなんです。つまり下地作りです。

いくら優れたコーティングだって、下地を作ることが出来なければ、宝の持ち腐れ。   ましてや高級ガラスコーティングを施工するなら尚更のこと!

DSC_0196

今回のコーティング剤です。

「PCX-S7」

通常のガラスコーティングの約3倍近い膜厚を誇り、耐擦り傷性能に優れ、とにかく深い艶を表現してくれます。

撥水タイプではなく、水切れタイプです。

DSC_0201

他のカーコーティング剤と若干、塗布の仕方に工夫が必要ですがすべてのパネルに満遍なく均一に塗布し、その後に拭き上げを行います。

DSC_0203

拭き上げは異なる2種類のクロスを用いて行います。

既に艶々のボディーがご覧になれると思います。

DSC_0208

施工終了後は24時間以上ガレージ保管を行います。

ガラスコーティングの弱点なんですが、施工直後が最もデリケートなんです。この間は濡らさず、触れず、じーっと待つだけなんです。 空気と触れ合うことで、コーティング膜がガラス被膜へ転化していくのです。  ・・・大事な時間なんですよ。

DSC_0226

DSC_0219

DSC_0217

艶々のQ5が完成しました。

新車以上の艶を纏い、美しいです。 今後のケアは簡単。 水洗いを行うだけなんですよ。煩わしいワックスがけなんてサヨナラです。

DSC_0239

水切れはこんな感じで、時間とともに水が波打ち際みたいにすーっと切れていきます。

 

1993年よりカーコーティング一筋で頑張ってきました。 高級ガラスコーティングはお任せくださいね!

0942-45-6558

お気軽にお問い合わせくださいね!

 

 

 

DSC_0260

BMW ALPINA B-7(アルピナB-7) EVO-1施工

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

日々沢山のご入庫いただきありがとうございます。 1993年の2月にスタートした当店は、お陰様で間もなく27年目のシーズンが始まろうとしております。  これもひとえに皆様方に支えて頂けたおかげだと思います。今後も頑張っていきますのでよろしくお願いします。

今回の記事は Wさまにご入庫いただきました

BMW アルピナ B-7

DSC_0235

とにかく無茶苦茶カッコいいです‼‼‼‼‼

新車のボディーに最高級ガラスコーティングをご依頼です。

DSC_0241

お車を磨きする前に、細部の洗浄を行います。

足回り、アルミホイール、エンブレム回り、パネルごとの隙間、ドア内側・・・やらねばならない箇所が沢山なんです。 しかし、磨きを行う前に済ませておく必要があるんです。

DSC_0246

ALPINAのお約束、アルピナラインもしっかりマスキングを施します。(じつはこのアルピナラインのテープが恐ろしく高いんですよ)

DSC_0257

幸いにも素晴らしくコンディションが良いです。(大事に運ばれてきたんだと想像がつきます)

軽度の磨きです前れることが出来たのは、大変助かりました。なんたってぼでぃーが大きいんですよ!

DSC_0260

当店で今大人気の最高級ガラスコーティング

EXE  EVO-1

従来のガラスコーティングをはるか上回るスペックで昨年秋にデビューしたコーティング剤です。

深い艶、撥水能力、長期間続く持続性能。

どれをとっても申し分ありません。最高です!

DSC_0268

まずは「ベースコート」

従来のコーティング同様に塗布し、乾燥後に拭き上げます。

DSC_0267

 

従来と大きく違うのはここからなんです!

DSC_0269

引き続き「トップコート」

再び塗布して乾燥後に拭き上げる。

DSC_0272

つまり、2回ガラスコーティングをやってると考えてください。

多層構造のガラスコーティングなんです。

施工している我々さえ目を疑うほどの艶感にうっとりします。

恒例の、24時間以上ガレージ保管をして完成です。

DSC_0281

シャワリングすると、とにかく気持ちがいいです。

まるで弾丸のように水滴が飛んでいくんですよ!

DSC_0290

DSC_0292

DSC_0287

仕上がりました。

最高の仕上がりですよ!!

既に「EVO-1」を10台以上施工させていただいておりますが、お客様の声で一番多いのは

汚れないらしいです。 

当店のデモカーでも体感してますが、なんせ洗車回数が少なく済んでしまうんです。雨に当たったあとはもう綺麗なんです。 水滴が乾いた後もほとんど見受けられませんし、防汚性能はとにかく最高ですね。

とうてんのデモカーでロングテストを行っています。 定期的な洗車風景や雨の日の状態などを記録していこうとするページです。ご覧になりたい方はここをクリックしてくださいね。

最高級ガラスコーティング! 体感してみませんか? いつでもご連絡くださいね!

DSC_0391

ロールスロイス・カリナン EVO-1施工&ボンネットラッピング

こんにちは。カービューティープロ・エバです。

皆さん、愛車は綺麗にしてますか? この季節は車が汚れやすい時期ですね。頑張って綺麗を保ちましょうね~

今回の記事は

ロールスロイス・カリナン

Kさまよりご入庫いただきました。

DSC_0390

DSC_0391

DSC_0392

昔、ロールスロイスのSUVをレンジローバーなんて言っていた時代がありましたが・・・とうとうロールスの本格SUVが登場です。

ベンツのGLS、BMWのX5、アウディのQ7、ランボルギーニのウルス、ベントレーのベンテイガ、ポルシェのカイエン・・・様々なメーカーからSUVが放たれましたが、

このカリナンはまさに王様です! とにかく存在感が半端ないです。誰しもが似合う車ではないですが、金額もさることながら質感や仕上がりはまさにキングです。

DSC_0394

なんせ、デカいです。実際のサイズ以上に大きく見えます。

マスキングを行って磨きを行いましたが、2台分磨いた気分です💦

DSC_0399

KING of KINGのロールスには、まさにガラスコーティングのキング

EXE   EVO-1

2層のコーティング被膜を作ることで強靭な皮膜を形成します。 美しい艶感、膜厚感は長期間にわたり持続します。

DSC_0405

DSC_0411

DSC_0406

DSC_0417

専門的な知識と経験を有するスタッフによって、丁寧に仕上げられております。

施工後は、ボンネットにラッピングを行うため2日間ガレージ保管を行いました。

DSC_0420

DSC_0421

DSC_0423

DSC_0430

DSC_0435

DSC_0437

DSC_0440

ボンネットのみラッピングを行いました。

使用したシートは「ブラッシュド・シルバー」ステンレスに縦傷をつけたような素材で、ロールスの風格にベストマッチですね。

※ 今回は雨の中、キャリアカーのお迎えでしたから最終写真は割愛させていただきます。

このようなお車を施工させていただいたKさまに感謝申し上げます。ありがとうございました。奥様とドライブの途中にでも是非お寄りくださいますよう。

ロールスロイスという名前に恥じない、素晴らしい最強のコーティングが施工できました。

こだわりのガラスコーティングを施工しております。是非こだわってみませんか? 数種類のガラスコーティングを常時在庫しており、お客様のニーズに合ったコーティングがありますよ。 お問い合わせはお気軽にどうぞ!