proeba のすべての投稿

DSC_0027

最高級ガラスコーティング! MINI編

こんにちは。カービューティープロ・エバです。

皆さんはどのようにしてコーティングを選んでますか?

折角のお車。しょっちゅう買い直すわけではありませんよね?   1台数百万以上のお車なんです。 ガラスコーティングを施工するなら、もっとこだわってみませんか?

今回の記事は

MINI クーパーS

ご依頼は当店がご用意させていただいてる最高級ガラスコーティング施工です。

DSC_0022

納車前の新車ですが、勿論のこと磨きますよ! 新車の塗装って決して綺麗とは限りませんよ。

特に輸入車は、海外で作られて船に乗って日本に到着。到着後にセンターで塗装チェックなどを済ませて、各ディーラーに積載車で運ばれます。運ばれてる最中も雨に当たったり、黄砂が降ったり・・・洗車ぐらいでは綺麗にならないんです。

塗装状態を確認して、最適な磨き方をチョイスします。

むやみやたらに磨くことは致しません。なぜなら磨くという行為は塗装を削るという事。無駄に磨きすぎても良いことはありません。 磨く職人の経験やノウハウが大事なんですよ。

DSC_0025

様々なライトを駆使して、塗装部分は均等な仕上がりになるように磨く必要があります。

DSC_0024

機械(ポリッシャー)で磨けない部分は、マイクロファイバークロスとコンパウンドで仕上げます。

DSC_0027

1台の車を磨くのに要する時間は約2時間。

1工程で終われれば良いですが、3工程ほど要することもあります。そうするとほぼ1日磨くことになるんですよ。

これも美しい1台を仕上げるための大事な作業なんです。

DSC_0034

磨き終えた車を、脱脂して・・・

ようやくコーティングを行います。

「EXE-2000」

当店では「スーパープレミアムガラスコーティング」と名をつけ、最上級ガラスコーティングとしてご用意しております。

究極の艶、驚異の撥水力

他の追随を許さない最高のコーティングです。

DSC_0035

2液性の溶剤で混ぜ合わせて使用します。 使用前に混ぜ合わせるのは、混ぜ合わせた時点で液剤が硬化しようとし始める為、一定時間で使用しなければなりまん。

専用のスポンジで均一に塗り広げ、一定時間自然乾燥後に拭き上げ。 この拭き上げのタイミングも大事で、早くても遅くてもダメ。その日の気温や湿度で時間が変わります。とてもデリケートな部分です。

拭き上げが終わり、チェックが完了したらガレージ内で24時間以上保管します。

コーティング膜がガラス被膜へ転化する為の時間です。ガラスコーティングは施工直後が最も弱くデリケートで、水に触れたりすると簡単に濁ったり効果を得られなくなってしまいます。

ですから、施工後24時間以内に納車も出来ませんし洗車も出来ません。大事な時間なんです。

DSC_0068

施工後30時間後のシャワリングテスト。

お車全体の撥水具合を確認します。

DSC_0073

DSC_0075

納車前の写真です。

残念ながら曇りだったので写真では艶だとかがわかりづらいですが、艶々な仕上がりです。

これで今後のお手入れも簡単で、水洗いだけでいつでもピカピカの状態をキープできます。 1年にぐらいの割合でのメンテナンスを行えば数年間輝きを保証しますよ!

入庫から納車まで、4日間。誠心誠意で仕上げさせていただきました。大事に乗っていただけますように!

折角、ガラスコーティングをするんだったら一度ご相談くださいね!

EBAでした。

 

DSC_0274

日焼け気になりませんか? エアコンは効きますか?

こんにちは。カービューティープロ・エバです。

30度近い日が続きますね。 夏はすぐそこですね!

今回の記事は八女市のUさまにご入庫いただいた

スバル XV

運転席と助手席の窓に「透明断熱フィルム」の施工依頼です。

DSC_0260

最初、メールでのお問い合わせでした・・・ 何店舗か聞いてみたがフロントサイドに透明断熱フィルムを貼っても車検が通らないといわれたそうです。

そんなことはありません! 全然問題なく車検をパスできますよ。

DSC_0261

DSC_0268

DSC_0269

DSC_0270

DSC_0271

お待ち頂い散る間に、左右のガラス2面を貼り上げました。

DSC_0273

この数値はフィルム施工前。

DSC_0274

施工後でも73%。

70以上を確保できていなければ、道交法違反。つまり車検をパスすることが出来ません。

全然問題ないでしょ‼‼‼

「透明断熱フィルム」も数種類のメーカーから発売されています。しかし、施工後に著しく透過率を下げてしまうものがあります。そのようなフィルムでは車検をクリア出来ないんです。

当店が使用しているフィルムは

3M製 クリスタリン90

国内にある商品の中でもダントツに透明度が高いフィルムです。 しかも経年変化がなく、何年使用していただいても透過率がダウンうことがありません。(フィルム自体に傷などが入ってしまうと無理ですが・・・)

紫外線を99.8%以上カットしてくれて

赤外線を92%カットしてくれるんです。

つまり、日差しが強い日のドライブでもすっと木陰を走ってるかのように快適なんです。

img_film_cry03

左が未施工。右が断熱フィルムを貼っている状態です。 明らかに体が感じる温度をフィルム自体が下げてくれるんですよ!

そうなればエアコンに効きも格段に向上して、快適にドライブできますね!

夏前だからこそ、断熱フィルム!

貼るなら今ですよ!

DSC_0101

ガラスコーティングやったからって、メンテナンスしなきゃだめですよ!

こんにちは。

カービューティープロ・エバです。 真夏に近い蒸し暑さでしたね・・・もうすぐ梅雨です。

今回の記事は 久留米市のSさまにご入庫いただいた

メルセデス・ベンツ Cクラス

2年前にガラスコーティングを施工させていただいて、」2回目のメンテナンスです。

DSC_0088

DSC_0089

1年に1万キロぐらいの距離をお乗りになっていて、定期的に当店に洗車もお見えになっていただいています。

しかし、ガラスコーティングをやったからって万全ではありません!

確かに、ガラスコーティングを施工することで汚れにくく、お手入れも簡単です。煩わしいワックスがけも不要です。

でも汚れないわけではありません! ガラスコーティングの表面に水垢なども少しは付着します。 せっかくのガラスコーティングに汚れた膜があっては台無しです。

ですから、1年に1度ぐらいのペースでメンテナンスを行うのがベストなんです。

DSC_0095

ボンネット開けて、細部の洗浄クリーニングも大事なんですよ。

見えない部分もクリーニングするのもメンテナンスの大事な作業です。

DSC_0097

スポンジが届かない部分は歯ブラシを使用して・・・

DSC_0099

細部の洗浄クリーニングが終了したら、ガレージ内でコーティング(ボディー)の状態チェックです。

ダメージがある部分(水垢やスクラッチ傷)を一番目が細かいコンパウンドで磨きます。

DSC_0101

DSC_0102

DSC_0103

DSC_0105

内窓のクリーニングと室内清掃を行い終了です。

作業時間が5~6時間。

ー ここで大事なお話 ー

ガラスコーティングを施工するだけではダメなんです。

施工後にメンテナンスなどで、何でも気軽に相談できるお店選びを行うことが大事なんです。

ガラスコーティングをしたら終わりではなく、ガラスコーティングを行ってからがお付き合いの始まりなんですよ!

DSC_0143

ワンポイント・ラッピングで、イメージチェンジ(カーボン・ブラック)

こんにちは。カービューティープロ・エバです。

今回の記事は

「ニッサン GT-R」

部分的にラッピングのご依頼です。

DSC_0049

いつ見てもカッコいいですよね~。サーキットなどで思いっきり走らせてみたいです。

今回ご依頼いただいたラッピング箇所は3か所!

ボンネットダクト、ドアミラー、フロントフェンダーダクト、リアのディフューザー周辺。  すべて「ブラック・カーボン」で行いました。

DSC_0051

ノーマルのボンネットダクトです。DSC_0069

ボンネットから取り外して、インストール!

DSC_0143

仕上がりはこんな感じ。

DSC_0054

続いてドアミラー。この黒い下部の部分だけインストール。

DSC_0125

湾曲に合わせて、ホットガンで熱で形成します。

DSC_0146

仕上がり!

DSC_0083

フェンダーダクト。こちらも取り外してインストール!

DSC_0150

この部分は、白からブラックカーボンに。 際立ちますね!

DSC_0062

リアのディフューザ部分のシルバーの部分にインストール。

DSC_0110

取り外すことをせずにインストール。

地面に寝っ転がっての作業です、汗。

DSC_0138

引き締まりますね!

DSC_0153

施工時間が7時間。

ワンポイントでカッコいいドレスアップが出来ました。

ラッピングのご用命は是非!

久留米市のOさま、ありがとうございました。

DSC_0005

高機能断熱フィルムで快適なドライブを!

こんにちは。カービューティープロ・エバです。

今回の記事は

アウディ A4

フィルム施工のご依頼です。

近年、ただのスモークフィルムではなく、高機能フィルムが人気なんです。

何が違うかというと、紫外線のカット率(99%以上)というのは大差がありません。しかし、赤外線を遮断してくれるのです。赤外線というのは、太陽の光線の中で温かさ(暑さ)を与えてくれるものです。

温かさと言ってしまえば聞こえはいいですが・・・皆様もご経験があるように、これからの季節は「熱い」ってことになります。

この暑さが軽減出来たらどうでしょう!

駐車場に止めていたお車の室内温度!

日差しの強い日の室内の温度!

エアコンが効かないなぁーって経験ありませんか?

こんなことをフィルムだけで改善できるんです。

DSC_0001

DSC_0002

DSC_0005

リアの3面には有色の断熱フィルムを施工。

有色にすることで、室内のプライバシーを確保しつつ、断熱効果も。

DSC_0009

そして肝心かなめの運転席、助手席のガラスです。

道路交通法で、この部分を含むフロント3面のガラスには有色を貼ることが出来ません。 よって「透明断熱フィルム」を貼ります。視認性は抜群で、経年劣化もほとんど見られません。      ※ この部分は透過率70%以上と法で定められています

DSC_0017

DSC_0018

完成です。

今回使用したフィルムをご紹介しますね。

リア3面・・・・「3M製 パンサーIR20」 

      断熱率54%

フロントサイド・・・「3M製 クリスタリン90」

      断熱率92%

表現としては立つの暑い日差しの中でも、木陰をずーっと走っているかのような涼しさを得ることが出来ます。

運転される方自身にも快適ですが、同乗される大切な方のためにも是非お勧めの商品です。

勿論、紫外線は遮断しますので「日焼け対策」「しみ・そばかす対策」にもってこいですよ。

貴方のお車にも是非!

詳しくはこちら

 

DSC_0149

SUBARU・ レヴォーグ  磨きでリフレッシュ&最高級ガラスコーティング

 こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

久々の投稿です。何かと忙しくさぼっておりました。

今回の記事は

「スバル・レヴォーグ」

新車でからお乗りなんでしょう。 しかし、ウォータースポットや小傷だらけ・・・

DSC_0110

DSC_0114

DSC_0119

DSC_0135

このウォータースポットは、新車時の程度が良くないコーティングかワックスなどが原因だと思われ・・・  

オーナーさんも、この部分が気になってのご入庫のようです。

とことん磨いて綺麗にしてしまいましょう!

DSC_0137

DSC_0143

DSC_0149

DSC_0184

塗装表面にコーティングか何かの膜があり、磨きを始めても塗装がすぐに綺麗になりませんでした。 コンパウンドと相まって消しゴムカスのようなものが、出てきます。

このカスが出てしまえば、本格的に塗装を研磨できます。

DSC_0196

DSC_0205

DSC_0206

磨きを終えた直後の写真です。

磨きを行う前とは大違いです。  塗装本来の艶やかさと、メタリックチップがはっきり見え始めましたね。

DSC_0211

脱脂を終えましたので、ガラスコーティング施工を行います。

「EXE-2000」

当店がご用意させていただいている、最高級ガラスコーティングです。

驚異の撥水力で、最高の光沢を表現してくれます。

詳しくはこちらをご覧ください。

DSC_0217

綺麗に磨き上げられた塗装に均等に丁寧に塗布。 この時に塗布されたコーティング膜が数年間、美しいボディーを守ってくれるのです。

DSC_0236

最終の拭き上げとチェックです。

皆さんは経験がないかもしれませんが・・・ボディーをしたから見ると、すごく見やすいんです。拭き残しなども全然確認できますよ。

施工終了後は24時間ガレージ保管を行います。  何もしません!ただ、じっと置いておくだけです。 コーティング膜が空気に触れることでガラス被膜へ転化するんです

とっても大事な時間なんですよ。

DSC_0256

施工から24時間以上経過後のシャワリングテスト。

写真なので分かりづらいですが、水滴がぱぁーっと飛んでいくように落ちていくんです。すんごく気持ちがいいですよ!

DSC_0252

4泊5日の施工が完了です。

新車の時・・・新車以上の輝きと艶を出すことが出来ました。 時間はかかりましたが、ばっちりの仕上がりです。

 

折角、ガラスコーティングをやるならこだわってみませんか? 満足度が違いますよ。

ご質問やお見積もりはお気軽にご連絡くださいね!

DSC_0323

新型 アウディ A7 SB ガラスコーティング

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。気温も上がりすっかり春らしくなってきましたね。

花粉の飛散があるようです。こまめな洗車を心がけましょう。

今回の記事は

新型 アウディ A7 スポーツバック

新車のボディーにガラスコーティング施工のご依頼です!

洗車を済ませたA7はガレージ内に

DSC_0299

グラマラスなボディーになったA7。 キチンと磨きを行います。

DSC_0301

DSC_0302

DSC_0306

細部の塗装をチェックしながら、ボケやくすみ。そしてスクラッチ傷などをすべて除去して、ピカピカのボディーに磨き上げます。

幸い、状態が大変良く軽度の磨きで済みました。

DSC_0316

ピカピカに磨き上げたボディーを脱脂して、いざコーティング施工を行います。

「PX-V250」

セレクトシリーズの中で中間タイプ。

弱撥水で水切れに優れ防汚性抜群です

2液性の溶剤を混ぜ合わせて使用し、専用のスポンジで塗布し一定時間乾燥後に拭き上げます。

DSC_0317

2種類の異なるクロスを使用して拭き上げ。

※ 拭き上げられた部分の美しさがわかりますね。

DSC_0323

DSC_0324

拭き残しがないようにチェックを行い、室内の清掃を済ませます。

施工後は24時間ガレージ保管を行い、納車に控えます。

DSC_0333

DSC_0335

艶やかなガラスコーティングを纏い、ピカピカのA7の完成です。

今後は水洗いだけでこの美しさをキープしてくれ、一年に一度のメンテナンスで数年間愛車の美しさを守りますよ。

汚れにくく、汚れても簡単に水洗いで落とすことが出来ますので、お手入れは簡単そのもの。

ガラスコーティングについてのご質問やお見積もりは、お気軽にご連絡くださいね! ご予算や使用環境に合わせて最善のコーティングをご提案させていただきます。

0942-45-6558

メールは こちら

 

DSC_0334

ラッピングで貴方だけの1台を!

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

天気が良く気持ちが良い日でしたね。朝晩は冷えますが少しずつ春が近づいているようです。

今回の記事は 

フォルクスワーゲン UP   GTI

フォルクスワーゲン久留米さま 

にご入庫いただきました。

ご依頼内容は、新車のボディーガラスコーティングラッピングです。

今回は「ラッピング」について書きますね。

DSC_0278

白と黒でモノトーンなレーシーなにおいがしますね!

施工内容をご説明します。

フロントのダクト部分をホワイトにインストール。

ルーフをブラックにインストール。  です。

DSC_0312

大まかに切ったシートをフロントバンパーに・・・

DSC_0324

DSC_0329

DSC_0331

DSC_0334

DSC_0342

って感じです。

DSC_0343

DSC_0354

細部の仕上がりもバッチリですよ!

DSC_0377

DSC_0386

DSC_0390

DSC_0392

続いてルーフも。

2か所のラッピングですが、お車のイメージがガラッと変わるでしょ!

剥がしたい時には簡単に剥がすことが出来て、お車の価値を一切下げることなくドレスアップが出来ます。 これぞラッピングの醍醐味ですよね。

ワンポイントでもラッピングすれば、貴方だけのオリジナルな1台の仕上がりを求めることが出来ます。

ラッピングにご興味が御有りの方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

メールはこちら

DSC_0310

新車の輝きいつまでも! ガラスコーティング施工 アウディ・A4編

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

もうすぐバレンタインデーですね。僕自身は期待しても・・・ですが、楽しみにしていらっしゃる方々もいらっしゃるでしょうね~!  うらやましいですね。

そんなことはさて置き、今回の記事は

アウディ久留米さまにご入庫いただいた

新車の アウディ A4

新車のボディーにガラスコーティング施工のご依頼です。

DSC_0007

綺麗に見えますけどね・・・

洗車を行い、細部の洗浄クリーニングを行い、ガレージ内へ移動。

DSC_0150

新車であっても、ボディーは磨く必要があります。

移動中にできた擦り傷(服などが当たって・・・)や水垢、塗装のボケ・・気になる部分がどうしてもあります。

このままガラスコーティングを施工してしまうお店もあるでしょうが、我々は違いますよ! 

高級ガラスコーティングを求めて、施工させていただいている当店としては最高の状態でお客様にお渡しをしたいのです。 そのためには時間を惜しまず、労力を惜しまずです!

DSC_0154

コンパウンドを使用して磨きを行うのですが、このようにコンパウンドを伸ばして磨きます。 縦、横、縦、横と繰り返し、磨いていきます。 次第にコンパウンドが粉に変わり艶々なボディーに現れてきます。 この工程を数回繰り返し、完成させます。

勿論状態に応じて、コンパウンドの種類や工程回数を変えて最善な状態を作ります。

DSC_0157

最終工程です。

もうボディーは艶々ですよ!

DSC_0167

サイドパネルも同じとように、みがみが!

すべてのパネルを磨き終えたら、脱脂を行い完全に油分を取り除きます。

DSC_0185

DSC_0186

今回は撥水を求めないという事で「親水性」です。

2液性の溶剤を混ぜ合わせて、専用のスポンジで塗布します。

一定時間自然乾燥後に拭き上げを行い、完了です。 完了したらガレージ内で24時間ガレージ保管を行い、コーティング膜がガラス被膜へ転化するための時間を設けます。(これがとっても大事な時間なんです!)

DSC_0310

施工後2日経過した状態です。

親水性ってこんな感じで、水が切れていくわけです。 撥水させてウォータースポットなどの心配もありませんね。黒を含む濃色車にはこの「親水性」ってメリットありですよ!

DSC_0358

DSC_0363

艶々でしょ!

キチンと磨き上げられたボディーに、ガラスコーティングを施工すると、極上の仕上がりになるんです。

高級ガラスコーティングってこういう事ですよ!

折角、ガラスコーティングするんだったら一度、ご相談くださいね! 簡単にお見積もりをお出ししますよ。

DSC_0311

断熱フィルムを貼って快適なドライブを! 紫外線対策バッチリ!

 こんにちは。福岡県久留米市のカービューティープロ・エバです。

今回の記事は

アウディ Q3

ご依頼は、すべてのガラスにフィルム施工です。 

リアの3面にはプライバシーガラスであるため、透明断熱フィルムをすべてのガラスに施工します。

すべてのガラスに断熱フィルムを貼ることで、紫外線はシャットアウト。断熱効果も抜群です。

DSC_0304

DSC_0305

リアガラス。

ガラス自体が湾曲しているため、ホットガンを用いて熱加工を行います。(フィルムの特性で、高熱をあてることで一定方向に縮むんです。その特性を利用してフィルムを湾曲させます。)

この熱加工をすることで、一枚で貼ることが出来るんです。

DSC_0306

DSC_0307

DSC_0309

DSC_0310

DSC_0311

フロントガラス。

熱加工されたフィルムは、当店の技術スタッフによりテキパキと貼り上げられます。(店長の眼も真剣ですね)

DSC_0315

DSC_0319

完成です!

すべてのガラスに透明断熱フィルム完了です。

DSC_0316

DSC_0317

DSC_0318

ご覧の通り透明ですから、写真では貼っているのかどうかわかりませんね、(笑)

img_film_cry01

img_film_cry03

今回使用したフィルムは「3M」のものを使用しました。

透明感に優れ、断熱効果は抜群です。歪みもなく視認性に優れてます。

運転されるご本人様は勿論ですが、同乗される大切な方のためにもとっても優れた商品ですよ!

まだ、貼ってないよって方はご連絡くださいね!