proeba のすべての投稿

DSC_0256

まだまだ強い日差しに、断熱フィルム。

こんにちは。カービューティープロ・エバです。

9月に入り、朝晩は随分過ごしやすくなりましたね。しかし、昼間の日差しはいまだ健在です。

今回の記事は

ルノー メガーヌ RS

DSC_0241

以前、ご主人のお車を断熱フィルム施工させていただいておりまして、今回は奥様の愛車に断熱フィルムを施工させていただきました。

なんせ、暑くてたまらないそうです。。。

DSC_0242

リアの3面には「3M製 ピュアカット89」を施工しました。

DSC_0243

DSC_0247

リア、リアサイドの型取りを行います。

リアガラスはリートがんを用いて熱形成を行い、継ぎ目がない一枚での施工を行っています。

DSC_0252

すべて(5面)の型取りが完了です。

一気にフィルムを施工してまいります。

DSC_0256

DSC_0261

DSC_0263

綺麗に型取りされたフィルムは、施工もスムーズです。どんどんと施工が進んでいきます。

DSC_0265

運転席のガラスです。

透明断熱フィルムを貼った時のお約束。「透過率チェック」です。道路交通法で70%を下回る透過率では違反となってしまいます。

今回のチェックでは「72%」 問題なしですね!

フロントサイド(運転席・助手席)には、最高断熱を誇る「クリスタリン90」を貼りましたよ。

DSC_0268

DSC_0274

フィルム自体が透明なので、施工後の写真もこんな感じ。 しかし、歪みがない美しい仕上がりです。

ここで、おさらい!

透明断熱フィルムとは?

フィルム自体が「紫外線」をシャットアウトし、ジリジリとした日差しを大幅に軽減してくれ、透明なので車検も問題なしです。

日焼けを気にせずに快適なドライブをお約束します。 

透明断熱フィルムに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ!

DSC_0361

ラッピング剥がし。ビートル編

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

お盆休みの時期の台風が気になりますね。ご家族で色んなところで移動される際は、事故などに十分気を付けてくださいね。

今回の記事は

フォルクスワーゲン・ビートル

2年以上前にルーフやドアミラーをラッピングしておりましたが、お車を手放されるという事で、ラッピングを剥がします

DSC_0352

洗車をしてガレージ内へ

DSC_0353

DSC_0354

DSC_0356

DSC_0357

2年以上、ガレージや屋根がないところで過ごしたビートル。

流石にラッピング部分はダメージが出ております。 洗車仕立てなので、より水垢などが目立ちますね。(完全に乾いてしまえばそこまで感じないのですが・・・)

DSC_0360

遠目に見ればそうでもありませんが、ライトの下で近づいてみるとご覧のような感じです。

DSC_0361

DSC_0364

ホットガンなどで温めて剥がし始めます。

感覚ですが、シート自体を50℃ぐらいにしてあげれば簡単に剥がすことが出来ます。

ご覧のように、シートの糊も残ることなく綺麗に剥がせます。

DSC_0366

DSC_0367

DSC_0370

DSC_0371

2時間ぐらいで終了です。

糊跡も変色もなく、何の問題もなくオリジナルの塗装の状態に戻りました。

これがすごく大事なことなんですよ。

ラッピングというものがなければ、塗装をするしかなかったわけです。しかし、一旦塗装をしてしまえば元に戻すことは不可能なんです。下手をすると修理歴ありとた事故車扱いをされてしまいます。 その点、ラッピングというのはお車にダメージを残すことなく価値を落とすことなくドレスアップを楽しめるわけなんです。

ワンポイントに限らず、フルラッピングも行っております。 ラッピングについてのご質問やお見積もりはお気軽にお問い合わせくださいね!

DSC_0242

「マット・チャコール・メタリック」にフルラッピング

DSC_0535

「サテン・パールホワイト」にフルラッピング

 

・・・・参考までに

 

 

DSC_0193

お引越しの前に再コーティング。

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

暑い日が続いております。先日久留米の花火大会を終えて、今日は百道の花火大会だそうです。 帰り道の事故だけはお気を付けください。

今回の記事は

トヨタ マークX

数年前にガラスコーティングを施工させていただいていたんですが、今回は長崎に引っ越しをされるという事で再コーティングのご依頼です。

なんだかお引越しをされ久留米を離れてしまわれるのは残念ですが、お引越し前にご来店いただき再コーティングをご依頼していただけたことは嬉しい限りです。 

バッチリ仕上げさせていただきます!

DSC_0146

細部のクリーニングを終えてガレージ内で・・・数年前に施工したコーチングも幾分ダメージがあるため、徹底的に磨くことにしました。

DSC_0150

DSC_0156

DSC_0193

磨くことによって艶々のボディーに変身です。磨きを行う側の楽しい瞬間なんです。約30センチ真四角ぐらいずつ磨きを行うんですが、その部分がどんどん綺麗になっていくんですよ。たまりません!

DSC_0195

DSC_0200

前回と同じコーティングを塗布。

このコーティングが再び数年間お車を守ってくれます。 長崎に行ってからも頑張ってくれるでしょう!

DSC_0206

うっとりするほど美しい仕上がりです。

お客様にも満足していただき、嬉しい限りです。

久留米にお見えになるときは遊びに来てくださいね!

今回はありがとうございました。

 

DSC_0233

プライバシーガラスでは物足りない・・・フィルム施工

こんにちは。

台風一過。またまた暑い日を迎えましたね。雷が遠くでなっています。夕立が来そうですね。できれば早く来てほしい・・・

今回の記事は

トヨタ クラウンRS

ご依頼はフィルム施工です。

DSC_0214

今回のクラウンも売れてるようですね! フロントの形状には賛否両論あるでしょうが、トヨタの思惑が見え隠れするデザインですね。

DSC_0210

DSC_0212

ご覧のようにプライバシーガラスになってます。

25年ぐらいでしょうか、国産車にプライバシーガラスが導入され始めたのは・・・僕の記憶ではホンダのオデッセイが初めだった気がします。

当時のプライバシーガラスの透過率は20%ぐらいありました。 20%といえば通常のスモークフィルムぐらいの濃さがありました。しかしここ最近のプライバシーは年々薄くなってしまって、はっきり言うとプライバシー確保って出来てないような気がします。

そこで、プライバシーガラスの内側からスモークフィルムを貼ることでプライバシーを確保しようという事です。

DSC_0218

DSC_0219

リアの3面に透過率35%のスモークフィルムを施工しました。

通常35%のスモークだと薄いぐらいですが・・・プライバシーガラスに貼ればちょうど18%~20%ぐらいの仕上がりになるのです。

仕上がり見ていただければ一目瞭然!

DSC_0228

DSC_0233

明らかにプライバシー感? が増しております。

なかな物騒な時代ですから・・・室内はプライバシーの確保は大事だと思います。

現に、プライバシーガラスの内側にフィルムを貼ってほしいという声は大変多いです。貴重品や大事な同乗者の為にもプライバシー確保しましょうね!

ちなみに・・・プライシーガラスにフィルムを貼ってしまったら室内からの視認性(見え方)が悪くなってしまうのでは?  っと声もありますのでご覧ください。

DSC_0232

このページの上のほうの写真と比較してください。 室内からの視認性はほとんど変わりません。 夜の駐車や視認性も問題ありませんよ!

プライバシーガラスが薄いと感じたらご連絡くださいね。 貴方のお好みの濃さに仕上げれますよ。 お気軽にご相談を!

 

DSC_0112

高級ガラスコーティングで、究極の艶を!

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

何とか午後になって台風が通過したようですね。被害はありませんでしたか?

不幸中の幸いというか・・・本日はめっきり涼しいですね。とっても快適です。

今回の記事は

レクサス IS300h

DSC_0075

中古で購入されてとのことで、ガンガン磨いてリフレッシュしちゃいました。

DSC_0078

細部の洗浄クリーニングを済ませてガレージ内へ・・・

案の定です。艶がなくウォータースポットも多く・・・磨き甲斐がありそうです。

DSC_0112

ギアアクションポリッシャーを用いて磨き始めましたが・・・

消しゴムカスのように不純物(ワックスや安価なポリマー)がどんどん出てきますね。ポリッシャー(バフ)が絡みます(汗

この不純物の膜を磨き落してしまわなければ、キチンと磨けないのです。

DSC_0121

店長が時間と心を込めて磨いております。

なんせ、ウォータースポットが酷く作業は難航してます。

DSC_0124

丸々2日間磨き上げました。

ウォータースポットについてはこれ以上の磨きはリスクがあると判断して、艶やかさを重点的に求めた磨きです。

DSC_0123

DSC_0129

やっとの思いで磨き上げたボディーに、コーティングを施します。

PX-V250

セレクトシリーズの中で、低撥水ながら水切れが良く防汚性に優れたコーティング剤です。

1度施工すると、ガラス被膜が数年間お車の艶を守ってくれます。

塗布したコーティング剤が写真のように白く乾き始めます。 その時が拭き上げのチャンスなんです。 気温や湿度によってタイミングが変わるので気が抜けない部分ですね。

DSC_0135

DSC_0139

DSC_0143

4日間の施工が完了です。

今回は磨きに時間を要しましたが、仕上がりの美しさに疲れも忘れるほど満足でした。

残念なのは・・・ウォータースポットが酷くて磨き落すことが出来なかったことです。多分、安いポリマーだとかワックスをやってしまった事が原因だと思われます。

キチンとした工程のコーティングやキチンと施工できるお店で新車の時にやっていれば防げたことだと思います。  残念です。

新車だからこそきちんとしたコーティングをお勧めしますよ!

DSC_0305

ベンツ・GLC ボディーコーティングに断熱フィルム。

こんにちは。 カービューティープロ・エバの阿部です。

暑い日が続いておりますが、皆さんどうお過ごしですか?熱中症などに十分お気をつけくださいね。

今回の記事は

M・BENZ   GLC

経年劣化した塗装をしっかり磨いて、艶々のガラスコーティングを施し、フロント3面に断熱フィルムを施工。

DSC_0260

DSC_0265

DSC_0267

黒の塗装って、仕上がれば艶々ですごく綺麗ですよね。 濃色車の醍醐味です。洗車した後などは惚れ惚れします。

しかし、綺麗な状態を維持するのは最も難しいです。水垢や洗車傷が目立ちますし、汚れも目立ちます。

我々から見れば、磨くという作業においてもやはり大変で気を使います。バフを用いて磨くわけですが、バフ目やバフ傷を入れないように細心の注意が必要なんです。

しかし、プロの手によって磨かれた車はまるで鏡のように景色を映し出すことも当然ですが、吸い込まれてしまいそうな美しさを提供しております。

時間を要しますが、時間をかけた分だけ美しさを得ることが出来るんです。お車のオーナー様だけでなく、我々スタッフもうっとりしてしまいます。頑張ってよかったーって瞬間なんです。

DSC_0269

ギンギンに美しく磨かれたボディーにガラスコーティングを施します。

「PX-V250」

撥水性能と水切れを両立したコーティング剤です。 淡色車から濃色車まで幅広くカバーしてくれるコーティングです。

施工後はガレージ内で24時間以上放置プレイ(笑) コーティング膜がガラス被膜へ転化する為の時間を用意しております。

DSC_0291

DSC_0298

DSC_0305

続いて断熱フィルムの施工です。

もうご存知ですよね! フロントガラスやフロントサイドガラスに貼る透明のフィルム。

紫外線をシャットアウトしてくれ、暑い日差しを遮ってくれて車内の温度上昇を和らげてくれるという優れもの!

「透明断熱フィルム」

が発売されて10年以上の歳月が経過してますが、夏が近づくとこのフィルムばっかり貼ってます。

なんたって、日焼けを気にしなくていい、ジリジリした夏に熱い日差しがすごく柔らかくなるし、エアコンの効きが段違いに向上します。  ・・・・もはやこのフィルム無しでは夏を超すことが出来ないといっても過言でないぐらい重宝しております。

お客様からは・・・

「このフィルムを貼っていない車には乗りたくないようになる」

「助手席に乗る妻が絶賛しているよ」

「通勤の時が格段に快適になったよ」

このような声をたくさんいただいております。 まだ施工されてない方は急ぎましょうね! 貼ってないんだったら残念でしょうがありません。 まだまだ暑い日が続きますよ。 急ぎましょ!

DSC_0308

DSC_0310

約2年ほど経過したお車が、艶々の新車以上の輝きを纏って仕上がりました。断熱フィルムで武装された室内はとても快適で、気持ちの良いドライブを楽しんでいただけると思います。

img_film_cry03

サーモグラフ写真で分かるように、フィルムを貼ることで快適な室内環境をご提供できます。 

まだだよ! って方は急ぎましょうね!

 

DSC_0091

白いものは白く。新車の輝きいつまでも

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

8月に入り、梅雨明けとともに暑すぎる日が続いてますね。体調管理にお気を付けくださいね。

今回は久留米市のUさまにご入庫いただいた

トヨタ ハリアー

モデリスタのエアロやアルミホイールでモディファイされたカッコいい1台です。

約3年ほど新車からお乗りになっていて、最近汚れが目に付いてきたとのこと。新車時に他店でコーティングを施工されたそうですが、再コーティングのご依頼でご入店いただきました。

DSC_0075

DSC_0080

まずは磨きを行う前に細部の洗浄クリーニングを行います。

やはり3年という歳月は想像以上に細部が汚れています。 ドアパネルの内側や給油口の部分など・・・

磨くことで美しい新車のように戻すことは当然ですが・・・こういった細かい部分も新車時とように綺麗にしなければ話になりませんね!

DSC_0083

3時間ほどの細部洗浄を終えて、マスキングを施し磨きます。

新車時のコーティングがダメという事ではありませんでしたが・・・かなりお疲れのようです。(笑)

全体を3工程磨くことでリフレッシュさせます。

DSC_0084

DSC_0086

1工程磨くのに約90分。それを3工程。

この季節の磨きは身体にこたえます💦 

DSC_0089

磨き上げたボディーを脱脂して、はれてガラスコーティングを施工します。

「PX-V200」

セレクトシリーズの中でも最も撥水力に優れた商品です。

DSC_0091

すべての塗面に専用スポンジでまんべんなく塗布。

一定時間自然乾燥後に拭き上げを行います。

終了後は24時間以上ガレージで寝かせこみ! コーティング膜がガラス被膜へ転化するのを待ちます。

本来、ガラスコーティングは施工直後が最もデリケートで弱いのです。 ですから時間をかけてデリケートな時間はお客様に渡すことを避けております。

DSC_0096

DSC_0099

DSC_0094 (2)

3泊4日の施工が終了!

新車以上の艶ですね~ってお客様に褒めていただきました!

「白いものは白く。黒いものは黒く」とっても大事なんですよ!

一度遊びに来てみませんか? プロの本気の磨きや仕上がりを見ることが出来ますよ!

DSC_0030

1年に一度のメンテナンスでいつまでも美しく!

こんにちは。カービューティープロ・エバです。

九州地区も梅雨入りしましたね。湿度が高くムシムシした暑さがやってきましたね💦

今回の記事は久留米市のAさまにご入庫いただいた

三菱 アウトランダー

1年前にガラスコーティングを施工させていただいていたお車で、今回はメンテナンスの為、ご入庫いただきました。

DSC_0023

DSC_0021

DSC_0022

フロントバンパーやドアミラーには無数の虫。

日ごろの洗車などでは行き届かない部分を、クリーニングします。

DSC_0025

以外に汚れているのが、各パネルの裏側です、通常洗車ではなかなか手がつかない部分ですね。

いくらコーティングのおかげで美しい車であっても、こういった部分があまりにも汚れていると残念ですよね。ですから、メンテンナスの時に一斉クリーニングです。

DSC_0028

DSC_0030

タイヤハウスの中、ボディー下部はかなりヘビーに汚れています。こういう部分は高圧で洗い流してしまいましょう!

DSC_0035

コーティングされたボディーは細かくチェックされて、ダメージがある部分は補修されます。

ボンネットやルーフはダメージが出やすい場所ですね。

DSC_0050

DSC_0044

DSC_0048

6時間ほどの作業が完了です。

たった今、施工したかのように艶々です。これでまた1年気持ちよく乗っていただけます。

ご提案・・・ガラスコーティングを施工してしまえば万全ではありませんよ! ガラスコーティングだって少しは汚れます。1年に1度ぐらいでメンテナンスをお勧めします。定期的なメンテナンスで、数年間いつでも美しいピカピカのボディーを維持できるんですよ。

ガラスコーティング施工時は、あくまでも始まりなんです。施工後の洗車やメンテナンスがすごく大事ですし、長くお付き合いができるお店選びをやってくださいね!

DSC_0057

高級ガラスコーティングでピッカピカ!

こんにちは。久留米市の高級ガラスコーティング専門店・カービューティープロ・エバです。

今回は福岡県小郡市のKさま にご入庫いただいた

新型 BMW 330

新車のボディーにガラスコーティング施工のご依頼です。

DSC_0037

一通りの洗クリーニングを済ませてマスキングを施しております。

ボディーの色も相まって無茶苦茶カッコいいですよ。磨きを入れることで更なる艶々のボディーにしちゃいましょう!

DSC_0042

どんな車でも(新車でも)プロの磨きにかかれば、本物の美しさを取り戻すことが出来ます。 綺麗に見える新車であっても磨く前とでは雲泥の差があります。

折角、ガラスコーティングをやるんだったら最高の美しい状態でコーティングしないと勿体ないですよね!

我々プロにおいては当たり前なんですが、磨くという事はコーティングを施すことより大事なんです。何故なら・・・どんなに優れたコーティングであってもほんとの意味で美しい塗装に施さなければ宝の持ち腐れなんです。

DSC_0053

お客様の保管状況や使用状況を考え、今回はこのコーティング!

いろいろご用意させていただいているガラスコーティングの中でも僕が好きなコーティング剤の一つなんです。

撥水力に優れ、艶やかなボディーを約束してくれます。

施工後は24時間以上ガレージ保管を行い、室内の清掃や窓ガラスのクリーニングを行い、納車に備えます。

DSC_0057

納車前の最終洗車(シャワリングテスト)です。

水滴がボディーに残ることを拒むかのような撥水(水切れ)ですよ。

DSC_0071

DSC_0068

DSC_0069

3泊4日の施工が完了です。

もう眩しくって仕方ないBMWの完成です。

今後は水洗いのみで艶やかなボディーをコーティングが守ってくれます。

是非。高級ガラスコーティング専門店の仕上がりを経験してみませんか? 専門的な知識と技術を有するスタッフがご来店、お問い合わせをお待ちしております。