proeba のすべての投稿

DSC_0524

新型ガラスコーティング「EVO-1」絶好調です!

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

朝晩が冷えてきましたね。体調管理にお気を付けください。

今回の記事は

スバル BRZ

久留米市のNさまにご入庫いただきました。

DSC_0465

新車より1年ほどお乗りになっていて、とにかく綺麗にしたいという事です。

デビューしたての「EVO-1」を施工させていただくことになりました。

DSC_0469

当然ですが、足回りやパネルの隙間などは汚れております。このボディー(塗装面)以外の部分をまずはクリーニングです。

DSC_0473

アルミホイール一つとっても、綺麗になるとなんだか気持ちがいいですね!

DSC_0491

細部の洗浄クリーニングが終了して、マスキングが施されました。 磨きを行います。

DSC_0475

1年という月日で、ボディーには水垢やスクラッチ傷があります。

ポリッシャーとコンパウンドを数種類づつ組み合わせて、最良の状態まで磨きを行います。

DSC_0490

ボンネットでも右半分を磨いた状態ですが・・・・

分かりづらいですが、色、艶に違いが出ております!

DSC_0498

ボディーの磨きを終えると、脱脂を行いコーティング剤の塗布が始まります。

従来のガラスコーティングと違って、左が「ベースコート」右が「トップコート」

つまり、工程が2倍になりました。

ベースコートを塗布し、拭き上げます。そしてトップコートを塗布して拭き上げます。

DSC_0500

DSC_0514

コーティング施工が終われば、24時間のガレージ保管を行いガラス被膜への転化を待ちます。 時間とともに艶々ボディーに変わっていきわけです!

DSC_0524

施工24時間後のシャワリングです。

水滴が飛ぶように流れていく様は最高なんです。

DSC_0522

本来よりも奥深い艶を得ることが出来ました。

Nさま、今回はありがとうございました。今後、洗車などでお付き合いが続きますが、よろしくお願いします。

新型「EVO-1」の詳しい情報はコチラ

究極のガラスコーティング。取り扱っております。

ご質問やお見積もりはお気軽にご連絡くださいね。

 

DSC_0153

紫外線対策は、夏だけではありませんよ!

こんにちは。

カービューティープロ・エバの阿部です。 日頃より沢山のご来店やお問い合わせを頂きありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

今回の記事は

メルセデス・ベンツ 

CLA-シューティングブレイク

フロントサイドガラス(運転席・助手席)に透明断熱フィルムの施工をご依頼です。

DSC_0147

DSC_0149

まずは施工前の透過率チェックです。

「74%」

この時点で70%以下の場合は施工を断念します。 道路交通法により70%以上の透過率を維持しておかないと違反なんです。(その昔、運転席まで真っ黒の車が多かったでしょう?・・・違反なんです。)

DSC_0152

DSC_0151

DSC_0150

いとも簡単に施工がされております。 フィルムが透明なので、写真では分かりませんが、この透明のフィルムが絶大な効果を発揮します。

なんと紫外線を99%以上遮断。これにより日焼けを気にすることなく快適なドライブが出来ますね。勿論、助手席に乗っていただく大切な方の為にもとってもいいですよね!

それから、太陽光線の中に赤外線があります。この赤外線が室内の暑さを導くのです。夏などはたまりませんよね~

その赤外線を90%以上遮ってくれるので、夏の暑い日差しの中でも快適に過ごすことが出来ます。

DSC_0153

DSC_0154

施工後も透過率チェック。

「73%」

問題ありません。

快適なドライブをお楽しみくださいね。 今回はありがとうございました。

img_film_cry03

img_film_cry01

フィルムの力で「紫外線」と「赤外線」を遮断してくれる優れた商品なんです。

※ 今回使用したフィルムは:3M製 クリスタリン90

高機能フィルムのご用命やご質問はお気軽にどうぞ!

電話 0942-45-6558

メールはこちら

DSC_0602

続) 最高級EVO-1 ロングテスト パート2

こんにちは。

カービューティープロ・エバの阿部です。

さぁ、今回は第2弾。 ロングテストの報告です。

DSC_0578

先月の9月に新型ガラスコーティング「EVO-1」を施工した当店のデモカーQ7です。

実は1か月以上洗車をしておりません。 というのも汚れないんです!幾度かの雨にもあたり、水滴の乾いたような跡もありませんし汚れを感じませんでした。

雨水に当たることによって綺麗になる?  そんな感じです。

DSC_0582

しかしアルミホイールはご覧のように汚れています。

この一か月の間に、代車としてお客様に貸し出したりお付き合いのゴルフに行くときに使用したり・・・距離的には700キロぐらい走行しております。

DSC_0586

通常の洗車と同じようにアルミホイルから洗います。

DSC_0589

このアルミホイールは昨年新車時にアルミホイールコートを施しております。新車より8000キロほど走行しておりますが、撥水力は衰えておらず、汚れも簡単に落とすことが出来ます。

ドイツ車でブレーキダストにお悩みの方にはお勧めですよ!

DSC_0602

DSC_0603

沢山の泡で洗います。 なんだか車が気持ちよさげに感じますね。 当店ではコーティング施工車専用ボディーシャンプーを推奨しております。 泡立ちが良く、コーティングにダメージを残しません。

DSC_0604

パネルごとに洗い、流します。

DSC_0613

DSC_0594

サイドも同様に!

DSC_0599

DSC_0601

撥水状態は施工した状態から何の遜色もなく絶好調です!

DSC_0619

拭き上げ。 大事なんですよ!

洗車後の水を出来るだけ取ってあげる。隙間などの水滴もブロアを用いて完全除去を目指します。

DSC_0651

DSC_0659

洗車後にガレージ内でライトアップして状態チェック!

全然問題なしです。

なんだか感動しました。この「EVO-1」凄いです!

引き続きレポートしていきますね。

2019.10.21

第一回の施工記事はこちら

DSC_0035

アルテオン。ガラスコーティングでより美しく。

こんにちは。カービューティープロ・エバです。

もう10月も折り返し・・・早いですね。お陰様で毎日忙しく過ごしております。

今回の記事は

フォルクスワーゲン  アルテオン

フォルクスワーゲンぽくないと言ったら失礼ですが、とってもクールな1台です。

新車です。お客様への納車前にディーラーさんよりご入庫です。

Dさんとは、勿論フォルクスワーゲン久留米様ですよ。

DSC_0010

まずは洗車。 最近のアルミホイールは仲間で丸見えのものが多いですよね。表面のスポークだけきれいにしても意味がありません。スポークの間から手を入れ、」手が入らなければブラシを用いて洗浄クリーニングを行います。 新車の場合はブレーキダストというよりグリスが飛んだような油汚れが多いです。

DSC_0012

隅々まで綺麗にされたアルミホイールはとっても気持ちがいいですね!

DSC_0014

ボンネットを開けて、隙間の汚れもキレイキレイします。

DSC_0016

洗浄洗車がすんだらマスキングを施します。

なんだか物々しいですが、ポリッシャーを使用して磨きますので磨かない部分などを養生せざる負えないんです。

DSC_0017

状態も良く幸いです。

2工程の磨きで綺麗さを確保できました。(新車といえども、状態が良いとは限りません。ご存知なように在庫車や展示車などある程度時間をかけて磨きを行う必要があります。)

DSC_0023

磨きを終えたボディーを脱脂して、はれてコーティング剤を塗布していきます。

コーティング剤も様々なタイプを用途やご予算に合わせてご用意しております。詳しくは こちら

DSC_0026

2液性の溶剤を混ぜ合わせて、ボディー全体に均等に塗布。

DSC_0028

DSC_0031

一定時間自然乾燥後に、拭き上げを行います。

DSC_0035

拭き上げが終わったら最終チェックを兼ねた細部の仕上げを行います。

それからガレージ内で24時間寝かせて終了です。

DSC_0063

DSC_0080

DSC_0066

艶々ボディーの完成です。

水洗いのみでいつでもこの輝きを!

基本的には1年に1度くらいのメンテナンスをお勧めしております。

※ ガラスコーティングをしたから万全ではありませんよ。

 ガラスコーティングを施工しても洗車は必要です。汚れづらいのは確かですが、定期的な洗車は必要です。

当店では施工したお車全車に「洗車券」をお付けしております。折角のガラスコーティングを有効活用していただきたいという事で! 是非、ご利用くださいね。

詳しくはご遠慮なくご連絡ください。

 

新車の時こそガラスコーティングの最大のチャンス。N-BOX編

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

お陰様で、沢山のご入庫、お見積もりを頂きバタバタと仕事をこなしております。

良くご質問でいただくんですが・・・新車の時としばらく乗ってからでは、コーティングをするタイミングはどちらが良いですか?   って聞かれるんですが。。。

答えは簡単で、新車の時が一番いいですよ!

しばらく乗るってことは、洗車することもあるでしょうし、当然細部も汚れます。 であれば、新車の時が一番良いですね。出来ればディーラーさんが洗車などをやっていない、運びたての車が一番いいです。  洗車の回数分洗車傷も増えますし、それだけ我々の手間も増えてしまいます。

 

今回の記事は佐賀県鳥栖市のEさまにご入庫いただいた、納車されたばかりの

ホンダ N-BOX カスタム

真っ赤なボディーにブラックルーフの綺麗なお車です。

DSC_0008

DSC_0010

DSC_0012

新車であってもよ汚れています。磨きを行う前に細部を入念に洗浄クリーニングを行います。

DSC_0021

DSC_0024

DSC_0025

DSC_0030

DSC_0050

ガレージ内でマスキングを施し、磨きを行います。

新車といえども磨きは欠かせません。事実、このお車でも磨きに費やす時間は5時間を超えました。折角のガラスコーティングを施工するわけですから、ピッカピカの状態でコーティングを行わないと勿体ないですからね!

コーティングをやったから綺麗になるってわけではありませんよ!

コーティング施工前にどのような状態にするかが最も大事なんです。

DSC_0055

DSC_0057

DSC_0093

磨き終わった車は脱脂洗車を行います。

脂分を除去するための液剤を使用して洗車です。 ガラスコーティングは油分と水分が大敵なんです。 ですから、コーティングを施工する前に油分と水分を完全に取り去る必要があるわけです。

DSC_0109

DSC_0122

コーティング施工後に拭き上げられ、仕上がったばかりの状態です。もう艶々です。 このままガレージ内で24時間保管を行い、コーティング膜がガラス被膜に転化するのを待ちます。

DSC_0171

DSC_0172

完成です。

本来、お手入れが難しい赤や黒。洗車の時など傷がつきやすく目立ちますよね。しかし、きちんとしたガラスコーティングを施工しましたので、お手入れも簡単になります。塗装表面の硬さが増し傷つきづらく汚れづらいんです。  勿論、水洗いだけでオッケーです!

Eさま、今回はありがとうございました。洗車などでのご来店をお待ちしております。

※ ブログ掲載が遅くなりました。(当店では保安上の見地から数週間経過してからのブログ制裁とさせていただいております。)

 

DSC_0229

新型 ガラスコーティング「EXE EVO-1」のご紹介。

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

本日は新型のガラスコーティングのご紹介です。

従来最高級とうたっておりました「EXE-2000」のリニューアルバージョンです。

キャッチフレーズは

極上の深い艶

抜群の保護機能

多層構造機能性コーティング

まずは当店のデモカーである「アウディQ7」で行います。

DSC_0039

おろして1年。実は新車の時に「EXE-2000」を施工しておりましたが、勿体ないようではありますが、この車に施工します。

DSC_0048

代車として使用されるときもあるデモカーです。 1年でも隅々は当然のように汚れてます。。。

DSC_0053

マスキングテープが施され、磨きを開始します。

コーティングが全然傷んでないので、磨くのも変ですがEXEの膜を剥ぎ取るという事で磨きます。

しかし、最高と呼ばれていたEXEの膜はかなり大変で強固すぎる幕は簡単に磨き落すことが出来ません。

結局、通常の車よりもかなりに時間を要して磨くこととなりました。。。

DSC_0156

かなりのコンパウンドを使用して何度も磨きましたので、コンパウンドを洗い流しながら脱脂を行います。 この脱脂はとっても大事で、脱脂が不十分だとこの後に行うコーティング剤のノリが悪くなってしまいます。

DSC_0164

これが「EVO-1」

左が1B、右が1T

Bはベースコート。Tはトップコート。

つまりコーティング剤を2回、同じ作業を行い多層構造を構築するコーティングなんです。

DSC_0173

DSC_0165

まずはベースコートを塗布。

DSC_0169

通常通り拭き上げます。

そしたら間髪入れずに

DSC_0175

DSC_0176

トップコートを塗布し、同じように拭き上げを行います。

かなり大変なんですが、その効果は抜群で写真では分かりづらいですが人間の眼で見るとその違いは明らかなんです。

DSC_0229

DSC_0234

DSC_0237

施工後2日ガレージ保管を行い、洗車をしてみましたが

「ハンパないです!」 水の弾きや切れ方はもう最高です。

DSC_0240

DSC_0246

今後、このデモカーを洗車の時や色んな記事を連載してEVO-1の検証をしてまいります。

現時点では最高ですよ!

2019.9.12

ちなみにメーカーの情報はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0256

まだまだ強い日差しに、断熱フィルム。

こんにちは。カービューティープロ・エバです。

9月に入り、朝晩は随分過ごしやすくなりましたね。しかし、昼間の日差しはいまだ健在です。

今回の記事は

ルノー メガーヌ RS

DSC_0241

以前、ご主人のお車を断熱フィルム施工させていただいておりまして、今回は奥様の愛車に断熱フィルムを施工させていただきました。

なんせ、暑くてたまらないそうです。。。

DSC_0242

リアの3面には「3M製 ピュアカット89」を施工しました。

DSC_0243

DSC_0247

リア、リアサイドの型取りを行います。

リアガラスはリートがんを用いて熱形成を行い、継ぎ目がない一枚での施工を行っています。

DSC_0252

すべて(5面)の型取りが完了です。

一気にフィルムを施工してまいります。

DSC_0256

DSC_0261

DSC_0263

綺麗に型取りされたフィルムは、施工もスムーズです。どんどんと施工が進んでいきます。

DSC_0265

運転席のガラスです。

透明断熱フィルムを貼った時のお約束。「透過率チェック」です。道路交通法で70%を下回る透過率では違反となってしまいます。

今回のチェックでは「72%」 問題なしですね!

フロントサイド(運転席・助手席)には、最高断熱を誇る「クリスタリン90」を貼りましたよ。

DSC_0268

DSC_0274

フィルム自体が透明なので、施工後の写真もこんな感じ。 しかし、歪みがない美しい仕上がりです。

ここで、おさらい!

透明断熱フィルムとは?

フィルム自体が「紫外線」をシャットアウトし、ジリジリとした日差しを大幅に軽減してくれ、透明なので車検も問題なしです。

日焼けを気にせずに快適なドライブをお約束します。 

透明断熱フィルムに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ!

DSC_0361

ラッピング剥がし。ビートル編

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

お盆休みの時期の台風が気になりますね。ご家族で色んなところで移動される際は、事故などに十分気を付けてくださいね。

今回の記事は

フォルクスワーゲン・ビートル

2年以上前にルーフやドアミラーをラッピングしておりましたが、お車を手放されるという事で、ラッピングを剥がします

DSC_0352

洗車をしてガレージ内へ

DSC_0353

DSC_0354

DSC_0356

DSC_0357

2年以上、ガレージや屋根がないところで過ごしたビートル。

流石にラッピング部分はダメージが出ております。 洗車仕立てなので、より水垢などが目立ちますね。(完全に乾いてしまえばそこまで感じないのですが・・・)

DSC_0360

遠目に見ればそうでもありませんが、ライトの下で近づいてみるとご覧のような感じです。

DSC_0361

DSC_0364

ホットガンなどで温めて剥がし始めます。

感覚ですが、シート自体を50℃ぐらいにしてあげれば簡単に剥がすことが出来ます。

ご覧のように、シートの糊も残ることなく綺麗に剥がせます。

DSC_0366

DSC_0367

DSC_0370

DSC_0371

2時間ぐらいで終了です。

糊跡も変色もなく、何の問題もなくオリジナルの塗装の状態に戻りました。

これがすごく大事なことなんですよ。

ラッピングというものがなければ、塗装をするしかなかったわけです。しかし、一旦塗装をしてしまえば元に戻すことは不可能なんです。下手をすると修理歴ありとた事故車扱いをされてしまいます。 その点、ラッピングというのはお車にダメージを残すことなく価値を落とすことなくドレスアップを楽しめるわけなんです。

ワンポイントに限らず、フルラッピングも行っております。 ラッピングについてのご質問やお見積もりはお気軽にお問い合わせくださいね!

DSC_0242

「マット・チャコール・メタリック」にフルラッピング

DSC_0535

「サテン・パールホワイト」にフルラッピング

 

・・・・参考までに

 

 

DSC_0193

お引越しの前に再コーティング。

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

暑い日が続いております。先日久留米の花火大会を終えて、今日は百道の花火大会だそうです。 帰り道の事故だけはお気を付けください。

今回の記事は

トヨタ マークX

数年前にガラスコーティングを施工させていただいていたんですが、今回は長崎に引っ越しをされるという事で再コーティングのご依頼です。

なんだかお引越しをされ久留米を離れてしまわれるのは残念ですが、お引越し前にご来店いただき再コーティングをご依頼していただけたことは嬉しい限りです。 

バッチリ仕上げさせていただきます!

DSC_0146

細部のクリーニングを終えてガレージ内で・・・数年前に施工したコーチングも幾分ダメージがあるため、徹底的に磨くことにしました。

DSC_0150

DSC_0156

DSC_0193

磨くことによって艶々のボディーに変身です。磨きを行う側の楽しい瞬間なんです。約30センチ真四角ぐらいずつ磨きを行うんですが、その部分がどんどん綺麗になっていくんですよ。たまりません!

DSC_0195

DSC_0200

前回と同じコーティングを塗布。

このコーティングが再び数年間お車を守ってくれます。 長崎に行ってからも頑張ってくれるでしょう!

DSC_0206

うっとりするほど美しい仕上がりです。

お客様にも満足していただき、嬉しい限りです。

久留米にお見えになるときは遊びに来てくださいね!

今回はありがとうございました。

 

DSC_0233

プライバシーガラスでは物足りない・・・フィルム施工

こんにちは。

台風一過。またまた暑い日を迎えましたね。雷が遠くでなっています。夕立が来そうですね。できれば早く来てほしい・・・

今回の記事は

トヨタ クラウンRS

ご依頼はフィルム施工です。

DSC_0214

今回のクラウンも売れてるようですね! フロントの形状には賛否両論あるでしょうが、トヨタの思惑が見え隠れするデザインですね。

DSC_0210

DSC_0212

ご覧のようにプライバシーガラスになってます。

25年ぐらいでしょうか、国産車にプライバシーガラスが導入され始めたのは・・・僕の記憶ではホンダのオデッセイが初めだった気がします。

当時のプライバシーガラスの透過率は20%ぐらいありました。 20%といえば通常のスモークフィルムぐらいの濃さがありました。しかしここ最近のプライバシーは年々薄くなってしまって、はっきり言うとプライバシー確保って出来てないような気がします。

そこで、プライバシーガラスの内側からスモークフィルムを貼ることでプライバシーを確保しようという事です。

DSC_0218

DSC_0219

リアの3面に透過率35%のスモークフィルムを施工しました。

通常35%のスモークだと薄いぐらいですが・・・プライバシーガラスに貼ればちょうど18%~20%ぐらいの仕上がりになるのです。

仕上がり見ていただければ一目瞭然!

DSC_0228

DSC_0233

明らかにプライバシー感? が増しております。

なかな物騒な時代ですから・・・室内はプライバシーの確保は大事だと思います。

現に、プライバシーガラスの内側にフィルムを貼ってほしいという声は大変多いです。貴重品や大事な同乗者の為にもプライバシー確保しましょうね!

ちなみに・・・プライシーガラスにフィルムを貼ってしまったら室内からの視認性(見え方)が悪くなってしまうのでは?  っと声もありますのでご覧ください。

DSC_0232

このページの上のほうの写真と比較してください。 室内からの視認性はほとんど変わりません。 夜の駐車や視認性も問題ありませんよ!

プライバシーガラスが薄いと感じたらご連絡くださいね。 貴方のお好みの濃さに仕上げれますよ。 お気軽にご相談を!