タグ別アーカイブ: プロテクションフィルム

ヘッドライト磨き!お任せくださいね。福岡

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

なんだかコロナ感染者が増え続けてますね。また自粛なんかにならないほうが良いと思いますが・・・皆さん、気を付けましょうね。自分の為に家族のために

今回の記事は 久留米市北野町のNさま にご入庫頂いた

スバル・R2

DSC_0393

ヘッドライトの黄ばみに悩んでいらっしゃって、ヘッドライト磨きでご入庫です。

DSC_0409

DSC_0411

洗車を終えて、ガレージに

やはり黄ばみというかくすんでいます。 ポリカーボネイト(樹脂製)で出来たヘッドライトの宿命ですね。 主なる原因は紫外線です。ただ、ひとたびくすみ始めるとどうしようもありません。磨きを行うしかありません!

DSC_0413

このようにヘッドライト以外を養生して・・・なんだか手術みたいでしょ!

DSC_0416

DSC_0417

耐水ペーパーでまずは研ぎます。 汚れの汁と言いましょうか、劣化した膜が出てきます。 何度も何度も研いで劣化した部分を完全除去です!

DSC_0418

数種類の耐水ペーパーを使い(粗いものから始めて段々と細かくします)。スリガラスのようになりましたね。

DSC_0439

続いてポリッシング。コンパウンドも何段階かに分けて磨きます。耐水ペーパーの研いだ後を消し、コンパウンドの磨き後を消すように徐々に細かいコンパウンドに切り替えて磨きます。

DSC_0443

DSC_0445

最終段階の直前です。随分と透明感が出て新品のヘッドライトに戻ってきましたね!

DSC_0467

DSC_0466

完成です。左右ともに美しく仕上がりました。 かかった時間は3時間ほど!

Nさまにも喜んでいただけました。

カービューティープロ・EBA     0942-45-6558

やはり、ヘッドライトが黄ばんでいるとお車自体をものすごく古臭く感じさせますね! ヘッドライトを磨くだけでお車の見え方も随分と変わり、お目目がパッチリって感じですよ!

本来は新車のうちにプロテクションフィルムをヘッドライトに貼ることが有効かもしれませんね。

img_hps_slider01

事前にプロテクションフィルムを貼っておけば、問題なしですよ。

ヘッドライトを磨くにしても、プロテクションフィルムを貼るにしても、ご相談くださいね!

 

 

 

 

 

 

黄ばんだヘッドライトにお別れを! 「プロテクションフィルム」

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

やっと水が引いたと思っていたのですが・・・降りますね~。被災された方々が心配です。これ以上の被害が出ないことを祈っています。

本日も酷い雨の中お足元が悪いところ、ご入庫に打ち合わせのご来店とありがとうございます。精一杯頑張ってまいります!

今回の記事は 佐賀県佐賀市のKさま にご入庫頂いた

アウディ Q7

以前、ラッピングでも記事をUPさせて頂いたお車です。その時にラッピングだけでなく「ヘッドライト・プロテクションフィルム」も施工させていただいていたので、今回はそちらでUPしますね。

DSC_0003

皆さんもヘッドライトが水垢で曇っていたり黄ばんでいるお車を見たことがあると思います。原因は素材なんです。ヘッドライトはその昔はガラス製でした。でも今は「ポリカーボネート」といってプラスチック樹脂なんです。そのため紫外線の影響や経年変化で変色してしまうのです。新車の間はコーティングらしきものがされていてすぐには変色しません。しかし、一旦水垢が付いてしまうと磨きを行い除去するしかありません。 その磨きが大変なんです。磨いたとしても再び水垢に悩ませれてしまうのです。

そこで! 「プロテクションフィルム」なんです。 水垢が付く前にヘッドライトをガード! 最良の策だと思います!

DSC_0194

これがフィルムなんです。車種ごとにコンピューターカットされ、仕上がりは申し分ありません。

DSC_0209

溶剤を使いますのでヘッドライト周りを十二分に養生して作業にかかります!

DSC_0218

溶剤を使用してフィルムをヘッドライトにのせます!

DSC_0221

DSC_0283

DSC_0242

DSC_0235

DSC_0225

位置決めをしたら、ボムへらを使用して貼り上げるという感じです。なかなかコツがあって難しいんですよ💦

DSC_0303

反対側のヘッドライトも

DSC_0330

左右のヘッドライトを貼る時間は50分ほどなんです。(ヘッドライトを事前にクリーニングしますが、個体差がありますから・・・)

DSC_0335

貼り上げてすぐの写真です!

ハッキリ言いますね! 貼っているかどうか分かりませんよ。

DSC_0340

DSC_0350

このフィルムでヘッドライトの黄ばみにお別れを告げることが出来ます。 基本的な仕様であれば3年~5年ほどもちます。剥がす際も無理に剥いだりしなければヘッドライトを痛めることなく綺麗に剥がすことが出来ます!

「ヘッドライトプロテクション」を貼ることで黄ばみの防止だけでなく飛び石の被害からも守ってくれますし、虫が付いた跡などは凄く取りやすいですよ。

施工料金もフィルム代込みで¥20,000~

ヘッドライトがくすむとお車自体が古臭く見えますよね! お勧めです!

Kさま、ありがとうございました。

カービューティープロ・EBA     0942-45-6558

当社では皆様のお車を綺麗にしたり、快適にカーライフを過ごしていただけるためのプロ集団です。

色々なご質問や相談はお気軽にしてくださいね!

 

ヘッドライトの黄ばみ、一発解消。

こんにちは。

久留米市のカービューティープロ・エバです。

今回の記事は 佐賀県のZさま にご入庫いただいた

BMW X3

お電話でヘッドライトをどうにかして欲しいとご来店されました。

DSC_0187

DSC_0188

DSC_0191

ご入庫いただいた時の状態です。

ポリカーボネイト製のヘッドライト。つまりアクリル樹脂製なんです。厳密に言うと車のヘッドライトは時間とともに経年劣化をするという事です。

黄ばみや簡単には取れない劣化膜により、透明感をなくしていきます。

頑張って磨くことにしました!

DSC_0197

このようにヘッドライト以外は養生をして作業開始です!(ヘッドライトだけを取り外してやりたかったんですが・・・とても大変だったので断念。)

DSC_0217

耐水ペーパーを使用して劣化膜を取り除きます。ご覧のように何とも言えない色の液になります。(汚れを含む劣化膜です)

DSC_0218

時折、スプレーで水をかけながらヘッドライト全体を磨きます。(決してマネしないでくださいね! 取り返しがつかないようになりますよ!)

DSC_0222

ペーパー研磨1回目が終了です。 まだまだですね! 再びペーパー研磨を行います。

DSC_0226

ボディーの下には・・・研磨時に出た磨き汁?

DSC_0241

ペーパー研磨が終了したら、ポリッシャーを使用して磨きます。 コンパウンドも徐々に細かくして段階を考えながら磨きます。

DSC_0263

どうでしょう? ばっちりですね! 片側のライトをここまでするのに2時間以上! なかなか大変です。

DSC_0270

DSC_0271

DSC_0273

DSC_0275

10時過ぎにお預かりして、4時過ぎには洗車をしてお返しすることが出来ました!

Zさまにも大変喜んでいただけたので頑張った甲斐がありました! Zさまありがとうございました。

カービューティープロ・EBA      0942-45-6558

お車を綺麗にすることなら、何でもお任せくださいね!

お勧めは「ヘッドライト・プロテクションフィルム」です。

img_hps_slider02

img_hps_slider01

ヘッドライトが劣化する前にフィルムを貼っておくという商品です。勿論、磨いた後にもお勧めですよ!

どんなご相談やご質問でもお待ちしてますよ!

ドイツ車の強い味方。モールプロテクションは久留米市のカービューティープロにお任せ

こんにちは。 カーディテーリングをやっています久留米市のカービューティープロ・エバです。

週末ですね。洗車のご来店が多く、本日は納車も多くバタバタしております。

今回の記事は 小郡市の〇さま にご入庫いただいた

アウディ Q5

窓淵にあるメッキモールに新商品の「メッキモールプロテクションフィルム」を施工させていただきました。

モールプロテクション 1

こういう商品です。

そもそもドイツ車(アウディ・ベンツ・BMW・VW)は、メッキモールの水垢(白濁した)に悩まされます・・・今に始まったわけではなく、昔からお客様よりご相談が多いです。

水垢が付いてしまったら・・・コンパウンドで磨くしかないんです。これがなかなか大変な作業でお値段もソコソコかかります。磨いたとしても時間とともにまたてしまうんです💦

ですから、水垢付着前に透明のプロテクションフィルムを貼ってしまいましょうって話なんです。

DSC_0001

DSC_0005

洗車後にモール部分以外をマスキング養生です。

プロテクションフィルムをウェット貼りを行う為、ボディーを溶剤から保護します。(このお車は最近ですが、当店でガラスコーティングを施工させていただいております)

DSC_0008

DSC_0009

フィルムは車種ごとにカッティングマシーンでカットされております。

DSC_0010

DSC_0014

DSC_0046

DSC_0050

貼るという事にもいささかコツがあって、2種類の溶剤を使用して、メーカーが指定する貼り方を行う必要があります。

DSC_0104

DSC_0105

DSC_0107

DSC_0114

 左右を貼り上げる時間が2時間弱でした。

なんせ1台目の施工でしたので、手探りながら慎重にやりました。

仕上がりは上々です。

このフィルムでメッキ部分を3~5年ぐらい保護するそうです。数年たって剥がす際は綺麗に剥がすことが出来ます。

メッキモールだけでも白濁した水垢が付いてしまうと、お車自体が古臭く見えてしまいます。

メッキモール対策に是非、お勧めです!

DSC_0127

カービューティープロ・EBA    0942-45-6558

メールはお問い合わせフォームか コチラ

車種データーがあるか? 金額がどうか? ご質問などはお気軽にどうぞ!

 

 

 

欧州車のメッキ対策お任せください。カービューティープロ・エバに

カービューティープロ・エバの代表、阿部です。

今回は当店で行う新メニューの紹介です。

「メッキモール・プロテクション」

モールプロテクション2

写真のもあるように、欧州車のメッキモールは経年変化を起こしやすいです。簡単に言うと水垢だらけになりやすく、研磨で除去も出来ますが恐ろしく大変です。

当店では今まで、ラッピングなどを行い対処しておりましたが・・・

モールプロテクション 1

車種ごとにカットされたプロテクションフィルムを貼るという事です。

理想とするのは新車時にやってしまうのが一番かと思いますが、経年車でも、磨きを行った後にやれば大丈夫です。

随時車種データーがデリバリーされておりますので、ご自身のお車のデーターがあるかどうかは当店スタッフにお問い合わせくださいね。

カービューティープロ・EBA      0942-45-6558

メールでのお問い合わせは コチラ

 

 

DSC_0151

メッキの水垢。お任せください!

こんにちは。 

福岡県久留米市で車のコーティング専門店をやっています、カービューティープロ・エバです。

今回の記事は 

フォルクスワーゲン・ティグアン

メッキモールの水垢で困ってご相談されました。

DSC_0414

お車は美しいのにメッキモールが水垢では、美しさが台無しですね。

DSC_0164

DSC_0151

欧州車のメッキモールは国産車と違って、このように白濁した水垢が付着してしまいます。 これがなかなか曲者で、取れづらいんです・・・・

DSC_0139

DSC_0156

ルーフレールも例外ではありません。

メッキ専用のコンパウンドを使用してコツコツと磨きを行うしかありません。 なかなか頑固で一筋縄にはいきません!

まさに粘りと根性です!

なかなかな時間を要しますよ。

DSC_0185

DSC_0190

DSC_0192

DSC_0419

DSC_0423

約4時間の格闘の末、綺麗になりました!

時間をかけて苦労した分、我々もすんごく気持ちがいいです!  お客さんも大変喜んでいただけました!

良かった良かった!

カービューティープロ・EBA     0942-45-6558

※ 当店では新車のうちにメッキモールにラッピングをするか、メッキモールプロテクション(透明の保護シート)をお勧めしております。 水垢が付く前にどちらかの手段を講じれば、数年たって剥がしてしまえば、メッキは新品のままですよ。

既に水垢があるお車でも早めに水垢取りをやって、プロテクションモールなどをお勧めしますよ。

モールプロテクション 1

ちなみに、これがモールプロテクションですよ。

 

DSC_0528

ヘッドライトの黄ばみは気になりませんか? プロテクション・フィルム

 

こんにちは。

福岡のカービューティープロ・エバです。

週末の雨で納車がはかどらず大変です💦

今回の記事は

トヨタ・クラウン

DSC_0521

ご依頼内容は・・・ヘッドライト・プロテクションフィルム」

効きなれない響きの商品ですね。

ヘッドライトが経年変化で黄色くくすんでいるのを見たことありますよね・・・・あの黄ばみを防ぐフィルムなんです!

DSC_0526

まずは、軽く劣化し始めているので磨きを行い劣化膜を除去!

DSC_0524

プロテクションフィルムは車種別にカッティングマシーンでカットされてます。

メーカーにオーダー後、3日もあれば到着します。

DSC_0527

DSC_0528

施工にはそれなりの技術というかコツがあって、日ごろラッピング施工で頑張ってくれてるスタッフは難しくないって言ったましたよ。

ヘッドライト自体の形状に合わせて、フィルム自体を伸ばしながら貼り上げです。 マニュアルが添付されていて、どこからまず貼って、こっちに伸ばしなさい・・・みたいに

DSC_0529

透明なので貼っているかどうかすら判別できないぐらいですが、完成です。

左右のヘッドライトで施工時間は2時間弱。磨きが必要な場合はそれなりにかかりますが・・・・

 

img_hps_slider01

新車のタイミングがベストタイミングだと思います!

綺麗な状態にプロテクションフィルムを貼ってしまえば、ヘッドライトが数年間黄ばむことなく、フィルムを剥がしてしまえば新品のヘッドライトというわけです。

いくらボディーが綺麗でも、ヘッドライトが黄ばんでいればお車自体が古臭く見えてしまいますもんね!

※ ヘッドライトの素材がポリカーボネイト。つまり経年変化で紫外線などを浴びることによって黄ばんでしまうことは仕方ないんです。

プロテクションフィルムの施工は¥20,000~ほどで可能です。 定期的にヘッドライトを磨いたり黄ばんでしまったりすることを考えればとてもお勧めですよ!

カービューティープロ・EBA

0942-45-6558

ご不明な点は御連絡下さいね。専門の技術を有するスタッフが責任をもって対応させていただきます。

img_hps_slider02

img_hps_slider03

DSC_0547

ラッピング MINI クーパー ルーフ編

こんにちは。

久留米市のカービューティープロ・エバです。

2月に入りましたね。

今回の記事は

ミニ・クーパー

ルーフに「ユニオンジャック」を貼りました。

DSC_0533

通常の我々がやっているラッピングではなく、ディーラーさんにパーツとして用意してあるステッカーを貼りました。

通常のラッピングでは「ドライ貼り」 水や溶剤を使用せずそのまま貼ります。

しかし、パーツとしてあるシートはいわゆるカッティングシートで、溶剤を使用して貼る「ウェット貼り」で行います。 なのでこのように養生を行います。

DSC_0538

貼り付けを行うときに溶剤をこのようにルーフに吹き付けます。

DSC_0541

そしてシートをルーフに載せ、位置を決めます。

和紙(アプリシート)諸共貼り付けます。

DSC_0547

スキージーで溶剤を抜いていき、圧着します。

DSC_0556

貼り付け後は、アプリシートを剥がします。

DSC_0558

このシートは、まず赤の部分を貼って、青の部分をそれぞれ貼る感じとなってます。

DSC_0563

DSC_0564

最終の仕上げと確認をして完成です。

DSC_0566

綺麗に仕上がりました!

今回のパーツを使用した作業は、形も定められていて難しくない作業です。 日頃、ラッピングをやっているので何の問題もなく施工できました。

当店では、カーコーティング、カーフィルム、ラッピング、ルームクリーニング、ウィンドリペア・・・お車を美しくするといった施工を行っております。

お困りのことがございましたら、いつでもご連絡くださいね!

カービューティープロ・エバ

0942-45-6558

DSC_0423

フルラッピング(マット・ピンク・メタリック) トヨタ・アクア

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

例年あまり忙しくない1月ですが・・・今年は数多くのご入庫をいただいてます。ありがとうございます。

1台ずつの丁寧な施工を大事に考えておりますので、ご来店いただいてもすぐにご入庫いただけない時がありますがご了承くださいね。 その代わり、素晴らしい仕上がりを提供させていただきます!

今回の記事は

トヨタ・アクア

S県のTさまにご入庫いただきました。

ご用命は、ピンクへのラッピング

ご家族から譲り受けたお車で、是非ともピンクにしたいと相談されました。

DSC_0006

本来は真っ白のアクアでした。

DSC_0039

DSC_0042

DSC_0047

DSC_0051

既に不必要なパーツ(ヘッドライトなど)は取り外され、細部の洗浄を行います。 勿論、塗装の上に載っている鉄粉やピッチタールなど不純物をトラップ粘土で取り除き、高圧で洗い流して洗浄します。

DSC_0058

「エイブリィー製 マット・ピンク・メタリック」

DSC_0059

DSC_0061

DSC_0064

1時間足らずでボンネットをインストール。 湾曲した部分はホットガンで圧着させ、まるで塗装と見間違える仕上がりです。

これから、ボンネットの裏側に巻き込みを作って完成です。

DSC_0073

フロントのバンパー。

形状が独特で、特にフォグランプの部分は大変でした!

DSC_0086

ルーフ。淡々作業が進みます。

DSC_0110

フロントのフェンダーが終わり、フロントドアの仕上げ。

このようにパネル一枚ずつインストールしていきます。 今回はお客様にゆっくりと時間を頂いたので、ラッピング担当のマサル君によりコツコツと仕上げられています。

DSC_0298

リアのバンパー。 ここも大変だったらしいですよ💦

DSC_0426

DSC_0423

DSC_0414

DSC_0420

お時間をゆっくりいただいていたので、他の仕事を優先しつつゆっくりと仕上げることが出来ました。

ピンク。  最初はどうなるんだろ~って思っていましたが、仕上がってみればなかなか良いんですよ! もともと純正で用意されていたかのようなマッチングです。 

Tさま、大事に乗ってくださいね。遠方よりのご来店ありがとうございました。

当店では様々なラッピングに取り組んでおります。 今回のような「フル・ラッピング」から「部分・ラッピング」そして「パーツ・ラッピング」 100色以上の中からお好きなラッピングシートを選んでいただくことが出来ます。

自分だけの1台を作ってみませんか?

簡単にドレスアップが出来て、飽きてしまえば簡単に剥がすことが出来ます。まさにラッピングの良さですね!

ラッピングのご用命は是非、カービューティープロ・エバへ!

 

img_hps_slider01

ヘッドライトの黄ばみ。フィルムを貼って予防しましょう!

こんにちは。 福岡県久留米市のカービューティープロ・エバです。

本日ご紹介するのは・・・

すばり「ヘッドライト・プロテクションフィルム」

聞きなれない言葉ですよね。

現在の車のヘッドライトはポリカーボネイトという材質で作られています。このポリカーボネイトが数年たつと変色して黄ばみに変わるんです。

どんなに車自体が綺麗でも、ヘッドライトが黄ばんでいたら台無しですね。車自体がすごく古臭く見えてしまいますね!

そこで、ヘッドライトが黄ばんでしまう前にフィルムを貼ってしまうわけです。

DSC_0279

今回は、数か月前にボディーのガラスコーティングをさせていただいた「フォルクスワーゲン・ポロ」に施工させていただきました。

フィルム自体は、車種ごとにカッティングマシーンで綺麗にカットされていて仕上がりはばっちりですよ。

DSC_0282

見えづらいですが、ポロ用のシートです。

新旧問わずにほとんどの車種を用意されていますよ。

DSC_0283

溶剤を使って貼りますので、養生ですね。 手前には2種類の溶剤が入ったスプレーボトルとテフロンゴムへら。 

DSC_0289

テフロンゴムへらである程度溶剤を抜いたら、キッチンペーパーで最後の溶剤を抜きます。

DSC_0298

右側のライトも・・・

まずはアルコールで綺麗に脱脂!

DSC_0299

これがフィルムです。

厚さは150ミクロンほど。 このフィルムが黄ばみを防ぐだけではなく飛び石や傷からも守ってくれるんですよ。

DSC_0296

こちらが施工証明書。

DSC_0308

DSC_0312

残念ながら施工した日が小雨が降っておりましたが・・・

仕上がりです! はっきり言ってどこに貼ったのかわかりません。それぐらい綺麗な仕上がりなんです!

img_hps_slider01 img_hps_slider02 img_hps_slider03

まだ貼っていらっしゃらない方はお急ぎください。 黄ばみ初めてでは、事前に磨きが必要となってしまいます。

1度貼ってしまえば数年間、ヘッドライトを守ってくれます。 フィルムを剥がしてしまえば、新品のヘッドライトがあるわけです!

金額は 20,000~(車種によって違います。)

お問い合わせはお気軽にどうぞ!