タグ別アーカイブ: ブラックアウト

水垢対策。ラッピングで解消! シトロエン編

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

熊本県南部は大変なことになっているようですね。心配です。二次災害も心配されているようですから、十二分に気を付けてくださいね。

今回の記事は 福岡県福津市のKさま にご入庫頂いた

シトロエン DS7

ホームページを見たとご来店いただきました。ご依頼は「ルーフレールへラッピング」です。

DSC_0301

DSC_0309

アルマイト仕上げのルーフレールです。お話を聞くと最近磨いてもらったそうです。しかし、やはり水垢に悩まれているそうです。  そこで「カーラッピング」で! ってことです。

DSC_0310

こんな感じで白濁した水垢が付いてしまうんですよ。欧州車の泣き所ですね。当社でも数多くのご相談があります。

磨くことで除去が出来ます。しかし、保管状況などで差はありますが数か月すれば再びってこともあります。「ラッピング」でカバーをしてしまえば水垢は付きませんからね!

DSC_0315

DSC_0313

2時間少々で施工完了です。今回は水垢はそのままでラッピングだけ行いました。

DSC_0332

DSC_0333

DSC_0322

DSC_0318

いかがですか? ばっちりですよ!

Kさまにも満足して頂けて良かったです。 遠方からお見えになっていただいていたので頑張りました!

使用したシートは「サテン・ブラック」  もはや当社でのブラックアウトの定番になってきました。

カービューティープロ・EBA     0942-45-6558

お客様のお悩みを解消させていただいた時は我々もハッピーです。色々とご遠慮されずにご相談くださいね! 精一杯対応させていただきます!

 

カーラッピング!福岡の専門店にお任せいただければ安心です。

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

第二波でしょうか? 東京では100人越えの感染者が出ているようです。 先日東京の友人から電話がありましたが、なかなかシビアな状況のようです。東京から出たいけど・・・東京から来たことで迷惑もかけれないし・・・だそうです。

今回の記事は アウディ福岡中央さま のご依頼で

アウディ RS-5

出張にて作業してまいりました。

image10

ご依頼内容は・・・どこが施工したか分かりませんがメッキモールのラッピングを剥がし、再びラッピングをとのご依頼です。(やや剥がし始めた形跡がありますが)

image9

image8

当社で使用しているラッピングシートとはまるで違う代物です。シート自体がすでに縮んでしまっています。(これだとブラックアウトの意味がないですね💦)

image7

image6

イヤな予感が的中です!

剥がしてみると・・・ノリ残りが凄いです。しかもシートだけでなくノリすらも劣化して変色しています。(当社で取り扱っているラッピングシートはノリが残ることもなく、こんな程い状態になることはありません)

image5

結局、ノリを除去する戦いに時間を費やすことに💦 幸いメッキモールに被害はなさそうですが・・・

image4

image3

image2

「サテン・ブラック」でブラックアウト完了です。

Inkedimage11_LI

折角いいお車なので綺麗に施工して欲しいし、綺麗な状態で乗っていただきたいですね!

注意!

最近、このような事例がいくつかあります。 原因は安いラッピングシートによる安易な施工なんです。 お車のドレスアップとして人気を博しているラッピングですが、安いシートによる安い施工は後からしっぺ返しに合いますよ! 気を付けましょう。

カービューティープロ・EBA     0942-45-6558

当社が取り扱うラッピングシートは「3M」「AVERY」です。 世界シェア1位と2位のメーカーですよ。 基本的にはラッピングを初めて10年近くなりますが、このようにノリが残って大変になったことも1度もありません。 安価なラッピングにはご注意を!

 

 

 

アウディのメッキ。ブラックアウトはお任せを!

こんにちは。福岡のカービューティープロ・エバです

なんせ熱いですね。皆さん水分補給ですよ!熱中症に十二分に気を付けてくださいね。

今回の記事は 佐賀県佐賀市のKさま にご入庫頂いた

アウディ Q7

「部分的なラッピング」「ヘッドライトプロテクションフィルム施工」のご依頼です。

今回は「ラッピング」の記事としてUPしますね。

DSC_0005

凄く程度が良い中古車を購入されたそうです。 今回ラッピングする箇所をご紹介しますね。

DSC_0009

もはや恒例といってもいいぐらいですが「フロントグリル」のブラックアウトです それとバンパー下部にあるシルバーのアンダーガードをラッピングします。

DSC_0014

こちらもおなじみ「メッキモール」です。 幸い白濁した水垢もなくこのままラッピングです。

DSC_0020

リヤのバンパー下部。 シルバーの部分をラッピングです。

まずは洗車と細部の洗浄

DSC_0029

当社のデモカーと2ショット。(左のデモカーはすでにグリルなどをラッピングしております!)

DSC_0038

DSC_0050

DSC_0062

DSC_0078

DSC_0080

フロント回り終了です。 

DSC_0105 DSC_0132

なかなかこのリヤ部分は大変でした💦

DSC_0373

DSC_0372

アウディのフロントグリルのブラック化。似合うんですよ! もう定番メニューですね。

DSC_0371

DSC_0370

DSC_0369

モールのメッキをブラックアウトするだけで、お車がスポーティーになりますね。 勿論、ドイツ車の泣き所であるメッキを水垢から保護する目的でも最良のやり方だと思います。

DSC_0363

DSC_0365

今回苦労したリヤ部分です。

約二日がかりで施工させていただきました。

DSC_0360

この翌日に「ヘッドライトプロテクションフィルム」を貼り、お車をお返しいたしました。

Kさま、ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

カービューティープロ・EBA     0942-45-6558

メールは コチラ

ラッピングについては、様々なお客様のお好みがございます。出来るだけお客様のご要望にお応えできるように頑張っております。 ご自身のセンスやお好みをお伝えくださいね。 それこそがラッピングの楽しみなんですよ。

 

部分的なラッピングでコーディネイトしますせんか?

こんにちは。久留米市のカービューティープロ・エバです。

先日UPさせていただいた「GLS400d」

今回は「カーラッピング」でUPさせていただきます。

フロントグリルがメッキの部分とシルバーに塗装された部分で構築されています。このシルバーの部分を「サテン・ブラック」をインストールしました。

DSC_0002

こんな感じなんです。

DSC_0144

磨きやガラスコーティング施工が終わった時点で、ラッピングを開始。

DSC_0146

技術的なことですが・・・この部分が一番大変でした💦

 

DSC_0148

この緑色に見えている糸が「ナイフレス・テープ」。この存在がラッピングを美しく仕上げる為の道具の一つです。かなり助けられております。

DSC_0160

DSC_0161

DSC_0163

DSC_0165

ラッピングインストールのレベルとしては、ソコソコ大変でした。なかなか立体的な作りで、想像力を駆り立てるラッピングでした。

 DSC_0167

インストール時間は、2時間ぐらいでした。

DSC_0181

どうでしょう!

なかなか精悍な顔つきになりましたね! オーナーのYさまにも気に入っていただけました。

Yさま、ありがとうございました。

カービューティープロ・EBA     0942-45-6558

メールでのお問い合わせは  コチラ

「ラッピング」に関するご質問やお見積もりはお気軽にどうぞ!

ご来店いただければ、カラーサンプルやフル・ラッピングをしたデモカーやお客様にイメージしやすいように色々取り揃えておりますよ。

 

 

カーラッピングはお任せください! カービューティープロ・エバへ!

こんにちは。カーディテーリング専門店・カービューティープロ・エバです!

明日より当社もゴールデンウィークのお休みをいただきます。

5月7日(木曜日)からは平常営業を行います。

今回の記事は 福岡市東区のJさま にご入庫いただきました

アウディ Q5

当店のブログを見ていただき、過去の記事のようにラッピングをとお問い合わせ頂きました。残念ながら、当社のスケジュールが合わずに数日お待ちいただいたことこの場をお借りしてお詫びします。

DSC_0177

メールで数回打ち合わせをさせていただき。メッキ部分を「サテンブラック」でラッピングすることになりました。

DSC_0176

DSC_0175

DSC_0179

DSC_0180

ご覧のメッキ部分をラッピングですいわゆる「ブラックアウト」です。

DSC_0191

DSC_0205

DSC_0209

DSC_0214

DSC_0251

DSC_0252

DSC_0259

DSC_0261

DSC_0264

DSC_0277

当社としてはこのお車。Q5はもうすでに数台を同じようにラッピングしていますので、慣れた手つきと申しましょうか・・・淡々と施工が進んでいきます。

DSC_0300

DSC_0299

DSC_0292

DSC_0284

DSC_0283

精悍な顔つきに生まれ変わりましたね!

2日間お預かりをしましたが、Jさまにもご満足いただけたようで良かったです!

Jさま、ありがとうございました。これを機にこれからもよろしくお願いします!

カービューティープロ・EBA      0942-45-6558

新しいドレスアップのご提案です! 

「カーラッピング」 ラッピングシートは200色以上。簡単に貼れて、簡単に剥がせます。塗装と違って、オリジナルの塗装やメッキを痛めないのでお車の価値を下げることがありません。

今回のようなドイツ車のメッキは水垢が付きやすいので、保護効果も抜群ですね!

「フルラッピング」「パートラッピング」「室内パーツラッピング」何でもご相談くださいね!

 

DSC_1177

ラッピングで個性を生かす。HONDA・シビック

 

 

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

今週は振替の連休ですね。 どこかにお出かけされますか? 道中安全運転でお願いしますね。

今回の記事は佐賀県のOさまにご入庫いただいた

ホンダ シビック(CIVIC)

中古で買われたようで、ガラスコーティング施工ラッピングのご依頼です。

DSC_1079

細部の汚れも年数の割に(2年ちょっと)酷くありませんでした。

DSC_1090

ボディーはやはりややヘビーに磨く必要があります。

数種類のコンパウンドとポリッシャーを駆使して、どんどん綺麗になっていきます。

3工程の磨きが終わるころには、新車以上の艶やかさを得ることが出来ました。

DSC_1107

今回は高級ガラスコーティング「エグゼ-2000」

抜群の撥水力と、強烈な艶を誇ります!

DSC_1109

専用の塗布用スポンジで丁寧に塗布していきます。

DSC_1117

拭き上げは2種類の異なるクロスを使用して行います。

終了後はガレージ内で24時間寝かせこみ。 ガラス被膜へ転化する時間を稼ぎます。

コーティング膜というのは、空気に触れることによってガラス被膜へ転化するんです。(つまり、コーティングした直後はガラスコーティングは完成していないのです) そのため、施工後24時間以内は納車をすることは原則的にできません。

DSC_1151

コーティング施工から2日経過しました。

これよりラッピングを開始します!

DSC_1153

今回使用しますシート「サテン・ブラック」

マットブラックとは若干違います。

「マット・ブラック」は全くもっての艶無し。

「サテン・ブラック」玉虫的な艶があります。マットではあるけど若干の艶があると思ってください。

DSC_1160

今回のラッピングはルーフルーフスポイラーにインストールです。

まずはルーフ全体にシートの載せて貼り始めます。

DSC_1163

ホットガンを使用して、このようにルーフの形になりました。  あとは余白をカットするだけです。

DSC_1169

ルーフを貼る前に準備しておいたナイフレステープ。この緑の糸がそれです。

ボディーにカッターなどの刃を使いたくないので、カットしたいラインにナイフレスを事前に

ナイフレステープは幅が5ミリぐらいのテープの中に糸があるんです。この糸を使用してカットする専用の道具なんです。

DSC_1170

ナイフレステープでカットした後は余白部分を剥がすだけ

数ミリの余白があるのは、ガラス淵のパッキンに潜らせるための余白ですよ!

DSC_1176

この見え方が「サテン・ブラック」なんです。

玉虫でしょ?

マットブラックでは何も反射しません。

DSC_1177

ルーフアンテナも技の見せ所!

なかなか難しいんですよ!

DSC_2243

完成です!

ルーフをラッピングしたいといわれたオーナーさんのセンスが光りますね!  カッコいいです!

DSC_2245

ルーフアンテナもルーフスポイラーもご覧の通り。

DSC_2260

非常に艶やかな仕上がりになりました。

Oさま、今回は当店をご用命いただきありがとうございました。 今後もよろしくお願いします!

高級ガラスコーティングやカーラッピングのご用命は是非

カービューティープロ・EBA

0942-45-6558

 

DSC_1132

部分ラッピングでグレードアップ。アウディ Q3

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

初雪? 車の上に若干積もりましたね。県内の高速道路は問題なさそうで安心しました。

今回の記事は

アウディ Q3

フロントグリルの部分ラッピングのご依頼です。

DSC_1120

このシングルフレームの中の格子をグロスシルバーにラッピングしました。

DSC_1133

3Mの1080シリーズを使用します。

DSC_1121

お車のグレードによるのかもしれませんが、このお車は格子がブラックの状態です。

DSC_1130

格子の一本ずつ行います。

DSC_1132

形状に合わせて貼り上げます。

ホットガンを用いればラッピングシートはほとんどの形状のものに貼ることが出来ます。

DSC_1147

DSC_1173

1時間ほどで完成です。

グレードによってはメッキのものもあり、メッキのものをブラックアウトしてスポーティーにする場合もありますが、今回はブラックの部分をシルバーにすることで、ラグジュアリーな感じに仕上げることが出来ました。

パット見た感じでは、ラッピングって誰も気づかないでしょう! 飽きたら剥がすことも簡単で、ラッピングの醍醐味と思います。

DSC_1149

ワンランクグレードアップした感じでしょ? いい感じですよ!

 

カービューティープロ・エバはカーラッピングを得意としております。「フルラッピング」は勿論、様々なパーツラッピング。室内もラッピングが出来ますので、自分だけの1台を作ることが出来ます。

新しいドレスアップの形ですよ。

ラッピングに関するお問い合わせはお気軽にどうぞ!

カービューティープロ・エバ

0942-45-6558

DSC_0050

ラッピングでイメチェン! アルファロメオ・ジュリア

こんにちは。福岡県久留米市のカービューティープロ・エバです。

12月になり、急に慌ただしくなってきましたね。

今回の記事は春日市のKさまにご入庫いただいた

アルファロメオ・ジュリア

DSC_0025

イタリア者らしい真っ赤なボディーでオシャレかつカッコいいですね!

ご用命は窓周辺にあるメッキをブラックアウト

DSC_0027

このメッキ部分をラッピングにてブラックアウトしました。

DSC_0034

DSC_0037

DSC_0048

セキュリティーの関係上施工させていただいて数か月後にしか記事をアップしません。スタッフが半そでなのをご理解くださいね。

DSC_0049

左右のブラックアウトを約2時間ほどで完了です。

見た目でスポーティーさが際立ちますね!

DSC_0050

DSC_0051

仕上がりもご覧の通り、とてもラッピングで処理しているとは想像がつきません。このようにワンポイントでラッピングするだけでもお車のイメージをガラッと変えてくれるところが嬉しいところですね。

ご存知の通り、ラッピングシートを剥がそうと思えば難なく剥がすことが出来ます。

シート自体の耐候性は5年。 施工保証は1年。 剥がれてきたりなどはきちんと責任をもって保守施工を行います。

ラッピングシートのカラーは数十種類。 貴方だけのオリジナルな1台を演出してみませんか?

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

福岡県久留米市山川追分1-3-11

カービューティープロ・エバ

0942-45-6558