タグ別アーカイブ: フルラッピング

DSC_0361

ラッピング剥がし。ビートル編

こんにちは。カービューティープロ・エバの阿部です。

お盆休みの時期の台風が気になりますね。ご家族で色んなところで移動される際は、事故などに十分気を付けてくださいね。

今回の記事は

フォルクスワーゲン・ビートル

2年以上前にルーフやドアミラーをラッピングしておりましたが、お車を手放されるという事で、ラッピングを剥がします

DSC_0352

洗車をしてガレージ内へ

DSC_0353

DSC_0354

DSC_0356

DSC_0357

2年以上、ガレージや屋根がないところで過ごしたビートル。

流石にラッピング部分はダメージが出ております。 洗車仕立てなので、より水垢などが目立ちますね。(完全に乾いてしまえばそこまで感じないのですが・・・)

DSC_0360

遠目に見ればそうでもありませんが、ライトの下で近づいてみるとご覧のような感じです。

DSC_0361

DSC_0364

ホットガンなどで温めて剥がし始めます。

感覚ですが、シート自体を50℃ぐらいにしてあげれば簡単に剥がすことが出来ます。

ご覧のように、シートの糊も残ることなく綺麗に剥がせます。

DSC_0366

DSC_0367

DSC_0370

DSC_0371

2時間ぐらいで終了です。

糊跡も変色もなく、何の問題もなくオリジナルの塗装の状態に戻りました。

これがすごく大事なことなんですよ。

ラッピングというものがなければ、塗装をするしかなかったわけです。しかし、一旦塗装をしてしまえば元に戻すことは不可能なんです。下手をすると修理歴ありとた事故車扱いをされてしまいます。 その点、ラッピングというのはお車にダメージを残すことなく価値を落とすことなくドレスアップを楽しめるわけなんです。

ワンポイントに限らず、フルラッピングも行っております。 ラッピングについてのご質問やお見積もりはお気軽にお問い合わせくださいね!

DSC_0242

「マット・チャコール・メタリック」にフルラッピング

DSC_0535

「サテン・パールホワイト」にフルラッピング

 

・・・・参考までに

 

 

DSC_0724

フルラッピングした車のカラーチェンジ! アウディQ7

こんにちは。福岡県久留米市のカービューティープロ・エバです。

今回の記事は昨年に施工させていただいた「フル・ラッピング施工」についてです。

DSC_0642

実は新車の時にホワイトのボディーに「マットグリーンメタリック」をフルラッピングをインストールさせていただいておりました。

で、今回は「カラーチェンジ!」

前回インストールしたラッピングシートを剥いで、新しくフルラッピングします。

DSC_0645

前回のインストール。仕上がりも良く剥がしてしまうのが勿体ない感じがしますが・・・

DSC_0657

DSC_0661

ラッピングシートは、温めることで簡単に剥がすことができます。 ノリ残りもご覧のようにありません。

当店でインストールしていますので、どこをどよように貼っているかわかっているので、剥がすのも簡単です!

DSC_0676

次にインストールするシートです。

わかりづらいですが「マットブラック」です。

DSC_0684

DSC_0688

ボンネットにインストール!

ボンネット表面が終われば裏側まで折り返し貼り上げます。

DSC_0719

DSC_0724

DSC_0744

淡々とインストールが行われていきます。

DSC_0762

左がマットグリーン、右がマットブラック。

こうやって見ると違いますね~

DSC_0828

なかなか大変なんですよ!

DSC_0855

DSC_0858

DSC_0863

DSC_0869

完成です。

施工日数は10日ほど。(ラッピング専門で進めないので、その他磨きやコーティングなどの施工を行い、空いた時間でインストールしております。)

ラッピングの良さですね! インストールして暫くたって、カラーチェンジをする。  塗装だとこうは簡単にはいきませんね!  お車の価値を下げることなく、簡単にイメージチェンジが出来てドレスアップ完了。

 

ラッピングについてのご質問やご相談はお気軽にどうぞ!

 

 

 

DSC_1238

アウディ 新型・Q5 ルーフラッピング

こんにちは。カービューティープロ・エバです。ご無沙汰です。

今回の記事は

アウディ  新型・Q5

DSC_1210

ルーフ部分にラッピングのご依頼です。

DSC_1218

ルーフアンテナを取り外し、今回はルーフアンテナは塗装することに

DSC_1222

ご指定いただいたシートは「スーパー・マット・ブラック」

なかなかルーフ面が広く大変です、💦

DSC_1224

ルーフ自体も以外に湾曲していて、ホットガンを用いながら湾曲に合わせて圧着していきます。

DSC_1228

DSC_1229

ラッピングシートをインストールする前に事前に貼っていたナイフれるテープ。写真で分かりますか?

塗装面やガラス面にカッターを当てたくないので、カットする部分い事前ナイフレステープを貼っておいて、ラッピングしーろをインストール後にカットします。

DSC_1233

緑色の糸。見えますか?

これでカットラインを作るわけです。

DSC_1235

最後は細部の処理です。マサル君も真剣です。

DSC_1238

DSC_1242

DSC_1244

施工時間が3時間ほど。

なかなかカッコいい出来栄えですね。

ラッピングのお問い合わせはお気軽にどうぞ!

 

ちなみに

DSC_0869

マットブラックにフルラッピングしたQ7です。

様々なラッピングのご相談に乗りますよ!